庭の草刈り

この季節は草が伸びるのが早い。 芝生はボサボサになり、ツユクサやらドクダミやらが茂る。 まだニワゼキショウやカモミールは花を咲かせているが、芝と一緒に刈ってしまった。 芝生に生える植物は、芝と一緒に刈り込んだほうが姿が整うのだ。

芝刈りの作業は電気バリカンで行うのでさほど疲れないが、やはりしゃがんでの作業は腰が痛む。 それに、こんが近寄ってくるので危なくて困る。

幸いこんが鼻先に怪我をするような事態にはならなかったが、ミミズを何匹かちょん切ってしまった。 まぁ、ミミズはちょん切られても再生するので、あまり気にしない。

それよりも、草を刈っているとミミズが慌てて飛び出してくるのが不思議だ。 電気バリカンの振動が土に伝わるのだろうか?  モーターの発する電磁波(電磁場の振動)が嫌いなのだろうか?  単に頭上が急に明るくなるので慌てるのだろうか?

芝と草を刈りながら庭を端から端まで移動し、ふと振り返るとムクドリが歩いていた(そのころにはこんは飽きてウチに入って寝ていた)。 草を刈った後に顔を出しているミミズや、草の根元に隠れていたヨトウムシを食べに来たのだ。

これもまた不思議だ。 ムクドリは、どうしてウチの庭が虫の取りやすい状態になっていることが解ったのだろう?  草を刈ったときの匂いだろうか?  いや、鳥は嗅覚が鋭くないというからなぁ。 庭仕事をしているヒトを見かけたら、とりあえず様子をみようと思ってやって来たのか?  まさか、屋根の上あたりから、草の根元で動いている虫が見えるのか?  ……案外、これが正解かも。 鳥はヒトが想像する以上の視力を持っているのだ(本/日経サイエンス2006年10月号の「鳥たちが見る色あざやかな世界」を参照)。

ひょっとするとムクドリが見ると、刈られた草の断面やミミズの粘膜は紫外線を反射して輝いているのかも知れない。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-02 (土) 23:44:35 (3850d)