花咲く庭で憩う

花咲く庭で憩うこん

「(部分的に)花咲く庭」とか「(この時期だけ)花咲く庭」とか条件を付けないと正しくないかも……。 ま、ともかく場所と時間を限って見ると小さな花いっぱいの庭*1のヒメシャラの木蔭*2こんが休んでいた。

とはいうものの、じつはこんは花を()でていたわけではなく、寝そべって草を食べていたのだ*3。 草食動物かこいつは!*4

草食いこん

この季節の木蔭は気持ちが良いので、草を食べるばかりではなく、居眠りしたり虫の飛跡を目で追ったりしている。

こんが居るあたりには、ローマンカモミールやニワゼキショウが咲いている。 なんだ、外来種ばかりだなぁ……。 在来種はカタバミくらいかな。 トウカイタンポポやスミレの花は終わってしまったし。

花に囲まれたこん

この角度から見ると、こんも外来種……じゃない、洋犬が混ざっているような顔をしているよねぇ。


*1 小さい花いっぱいに見える庭、といったほうが正確かも。
*2 木蔭といっても、背丈ほどのヒメシャラだから、ようやくこんが入る程度の木蔭である。何もかもスケールが小さいなぁ。
*3 食べていたのはヒメコバンソウ、セイヨウシバ、スズメノカタビラなど。いずれもイネ科の植物だ。
*4 草食動物は寝そべって草を食べたりしない。ウサギもシカも食事中に襲われてもすぐに逃げられるように、立って食べている。草食動物の目の位置が顔の側面なのも、食事中に背後からしのびよる肉食動物を警戒できるからだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-27 (日) 17:29:25 (3680d)