ユスラウメが実った

ユスラウメの果実

3月の末に咲いていたユスラウメの果実が赤く色付いた。 ユスラウメはバラ科サクラ属の低木で、小さなサクランボのような果実を付ける*1。 味もサクランボに似て甘酸っぱい。

ただし、サクランボのような長い()果柄(かへい))はない。 柄はごく短いので、枝に直接、果実が鈴なりに付いているように見える。

枝に直接付いているようなユスラウメの果実

外痔核に悩まされる

一昨日の午後あたりから、仕事をしていて肛門に違和感を覚えた。 入浴時に触ってみると、小豆大の出っ張りがある*2

翌朝も違和感は消えず、こりゃあ医者に行かないとまずいかなぁ、と思いつつ会社へ。 午後になって痛みを伴うようになり、脂汗まで出てきた*3。 しかも、こういうときに限って腹の調子がおかしくなるのだ。 しかし、温水洗浄便座のないトイレに行きたくない。 尻の位置をずらして座ったまま、サーバの動作テストを続けたが、どうにも耐えられない。 幸い会社はフレックスタイム制なので、コアタイムの15時を過ぎれば退出できる。

……ということで、15時を回るとすぐに帰宅した*4。 家に帰っても、座っていられない。 いちばん楽な姿勢がうつ伏せだが、長時間うつ伏せになっていると今度は腰が痛くなる。

……ということで、うつ伏せに寝たり立ったり横向けに寝たりしながら本を読んだりDVDを見たりして過ごした。

そして今日、午前中に医者に行ったら、やはり外痔核(がいじかく)であるという*5。 いわゆる「イボ痔」である*6。 肛門付近の静脈が切れて内出血したもので、あまり心配ないそうだ。 血豆と同じで、1週間ほどすれば自然治癒して引っ込むという。 座薬を処方された。

明日からどうやって座って仕事をするかが課題だ*7。 ちなみに今は円座状のクッションに座ってこの記事を書いている。 このクッションはかなり大きいので、会社の椅子には載らないしなぁ……。

参考


*1 上のムスメに言わせると、サクランボというよりトマトの色合いなのだそうだ。
*2 といっても、見たわけではなく、触ってみて「アズキくらいの大きさかな」と思っただけである。自分の肛門は見たくないのだ。
*3 汗をかいたのはもちろん肛門ではなく、額である。
*4 またこの、車を運転するのが苦痛だったのだが仕方がない。
*5 やっぱり肛門の診察はイヤだねぇ。この年になればもう恥ずかしくなんかはないが、肛門に指や器具を突っ込まれるのは辛い。医者もイヤだろうけどね。ちなみにこの医者には、口から内視鏡を突っ込まれたこともある。こう書いたからといって、この先生が嫌いなわけではなく、単なるネタである。
*6 ちなみに痔の音は「じ」であって「ぢ」ではない。「生地」や「素地」の「地」は「ぢ」のように思うが、辞書では「じ」である。ローマ字なら「zi」か「ji」だ。あまり関係がないが、「沼津」のローマ字表記は本当は「numadu」だと思うが、道路標識などには「numazu」と書いてある。
*7 もう一つ大きな問題がある。登山は痔にはよくないのだ。長時間立っている上、踏ん張ったりして腹圧をかけることが多いし、山小屋やキャンプ場には温水洗浄便座はない。風呂にも入らない。うぅむ。腰痛といい膝の痛みといい花粉症といい、どうしてワシの身体は歩きを制限するような方向へ向かうかなぁ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-23 (水) 22:34:45 (3684d)