ニワゼキショウが花盛り

ニワゼキショウの花

庭の芝を刈ってから2週間経ち、芝に混じって生えているニワゼキショウが花盛りである。 まじりっけのない芝生が好きな人にとっては雑草ということになるだろうが、ワシにとっては貴重な庭の(いろどり)である*1。 今年は芝を刈った時期が適切だったようだ。 刈る時期が早いと、ニワゼキショウが徒長してだらしなくしなだれる。 芝刈りが遅ければ、開花直前に刈ってしまうので風に揺れる花を見ることができない。

直径1センチほどの小さな花を付けるニワゼキショウは、じつはアヤメ科の植物である*2。 アヤメやカキツバタ、ハナショウブなどの華麗な花と同じ仲間なのだ。 その証拠に、茎を包むように二つ折りになった葉を持ち、花びら(花弁)が3枚、ガク片も3枚である。

……といっても、花びらもガク片も同じように見えるので、花びらが6枚あるように見える。 このような場合、花びらとガク片を合わせて「花被片(かひへん)」と呼んでしまう。

ちなみに、ヤマユリやチューリップなど、ユリ科の植物も3枚の花びらと3枚のガク片を持つが、これも区別が難しいので「花被片が6枚」、と言う。

ウチの庭のニワゼキショウの花には、赤紫色のものと白っぽいものとがある。 紅白の小さな六角形の星型が庭のあちこちで揺れているのは、なかなか風情のあるものだ。

最強運者生存

ムスメどもの部屋の窓の外に、繰り返し子スズメがやってきて、黄色いくちばしを開いてチィチィ鳴いていた。 ウチの屋根の瓦の隙間で育ったスズメが巣立ちしたのだろう。

最近の古生物学の知見によれば、「鳥は現代まで生き残った恐竜である」のだそうだ。 窓の外でチィチィ鳴いているのは、地球上で最強の生物の末裔なのである。

「適者生存」という言葉がある。 生物の進化のメカニズムの根本は「自然選択」であるから、優れたもの、最も環境に適したものが生き残ってきた、ということだ。 しかし必ずしも、環境に適しているからといって生き残れたわけではない。 「適者」であっても「生存」できるとは限らないのだ。

つまり「最強運者生存」、生き残ってきた者は「運が良い者」である、というわけだ。 哺乳類も、恐竜類に較べて「優れていた」わけではなく、運が良かっただけなのかも知れない。

もしも、6500万年前に小惑星が地球に激突しなかったら、いまごろは恐竜の家の瓦の隙間では、霊長類の子どもが夜更けに密かに巣立ちしていたことだろう。


*1 以前は花壇を作ったりしたが、こんが来てからは、掘り返されてしまうので、あきらめたのだ。
*2 北アメリカ原産の帰化植物。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-20 (日) 23:45:10 (3748d)