トンデモなチラシ

昨日の朝刊にヘンなチラシがあった。 「ついに誕生! 日本初の化粧品」と称する*1『リペアジェル』なる1本15,750円もするモノである*2

いちおう引用元を示しておくと、「株式会社リソウコーポレーション」のチラシである。

その効果の秘密は、ナノサイズより遥かに小さいピコサイズの成分を開発したからです。
これにより、どの化粧品より小さな成分になり、バリアゾーンを通過! しかも真皮に浸透した成分は「コラーゲン繊維」を作るという日本で初めてのLaIII*3の働きで、シミやシワを改善することが出来るようになったのです。

ピコって言ったら、10のマイナス12乗、つまり一兆分の一だよ?  一兆分の一メートルっていうのは、原子よりも小さくないか?

……ということで、理科年表を見てみると、 原子の半径はだいたい1Å(オングストローム)〜2Åくらいだから…… 10のマイナス10乗メートル、つまり100ピコメートル〜200ピコメートルといったサイズだね。

原子よりも小さい化粧品の成分って、いったい何だろう?

以前、驚天動地の非科学的ダイエット法を紹介するチラシがあって、それもミクロなサイズを取り違えていたね。 これは「原子粗粒学」として別ページに書いておこう。

まぁ、この手のチラシで驚いちゃうのは、紙の質や印刷が良いので金がかかっていることだ。 つまり、これだけの広告をして儲かるだけのカモが居るってことに、驚いちゃうのだよ。

騙されないように、『Powers of Ten』などで大きさの感覚を養っておこうね。

参考


*1 なんと、いままで日本には化粧品はなかったのか!とツッコミたくなるねぇ。
*2 30ml、約2ヶ月分とのこと。ちなみに、今だけ特別価格9,980円だそうだ。
*3 LaIII型ビタミンCというシロモノらしいが、L型アスコルビン酸のほかに、ビタミンCってあるのだろうか? ま、たしかにビタミンCはコラーゲンの生成に必要だけどね。ビタミンってヤツは不足すると病気になるが、過剰だと排出されてしまうので、多く摂れば良いってモンではないのだよ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-16 (水) 23:20:31 (3748d)