除草剤の影響か?

昨日、こんは朝の散歩の後、朝飯を食べずに庭の草を食べたきり寝て過ごした後、夕方になって吐いた。 不調になると吐くことはよくあるし、吐くために草を食べることもよくある。 だが、どうも元気のない様子が普通じゃないような気がしたので、原因を考えてみた。

  1. 昨日は近所の小学校で近隣地区の運動会があったので、その音が気になった。
  2. 庭の草(とくにレモンバーム)が美味しくて食べ過ぎた。
  3. 朝の散歩コースに散布された除草剤の影響。

なにしろ臆病なイヌなので(1)は無視できないが、精神的に参った場合、こんは下痢をする。 臭い屁はしていたが、下痢はしなかったようなので、あまり影響はないと考えるべきだろう。

(2)のレモンバーム(シソ科のハーブ)の食べ過ぎは、「気持ち悪いので草を食べた」結果であって、原因でないように思う。 なぜなら、今朝はまったくレモンバームを食べなかったからだ。 カラスムギとカキの葉はかじっていたけどね。

そこで、疑わしいのは(3)の除草剤。 5月に入って朝の散歩コースの空き地や果樹園、水田脇の道などに草が茂ったなぁと思っていたら、除草剤を撒いたらしい。 昨日あたりから、除草剤特有の枯れ方をしてきた。

除草剤には、動物に対する毒性を持つものも少なくない。 光合成の化学反応を阻害するタイプの薬剤は基本的に動物には無害と言われるが、実験室で安全でも、自然環境においても安全とは限らない。 すでに環境中にある天然・人工の化学物質との相互作用*1や、動物*2の体調、体質*3との関連まですべて含めて「安全」な化学物質など、あり得ない。 天然の化学物質でも、かぶれたり*4死んだり*5するからね。

こんは(というかイヌはみなそうかも?)草むらに鼻をつっこんで匂いをかいだり小動物を探すのが趣味だから、除草剤のかかった草を舐めてしまった可能性がある。 もちろん、こんの不調との因果関係は明らかではないが、疑いは捨てられない。

朝の散歩コースを変えようかなぁ。 なによりワシは、除草剤によって枯れた草むらという光景が大嫌いなのだ。 まぁ、はなはだ非科学的ではあるが、除草剤が嫌いな一番の理由はそれかな*6


*1 いわゆる「複合汚染」である。複数の化学物質が同時に生体に作用したときの反応が予測できないことは、誰しも賛同できるだろう。
*2 ペットだけじゃない、ヒトもだ。農薬散布後のタバコや酒は自殺行為だしね。
*3 例えばアレルギー体質。化学物質過敏症になると、町にも田舎にも居場所がなくなってしまって辛いそうだ。
*4 例えば、ウルシオール。天然植物成分だが、もちろん、化粧品には使えないね。
*5 例えば、トリカブトに含まれる猛毒のアルカロイド。この季節、トリカブトの新芽と、食用になるニリンソウの新芽は似ているから注意しよう。
*6 ちなみにワシの大学の卒業論文のテーマは「作物と雑草の競争」である。適切な時期に省力的な除草を行うことにより、除草剤を使わずとも作物への影響を小さくできることを示したものである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-14 (月) 22:34:19 (3750d)