新緑の愛鷹山に登る

ワシはどうやらコンピュータ向きの人間ではないらしい。 どうも最近精神的な不調を自覚し始めたので、有給休暇を1日とった。 その1日を利用して山に登り、調子を取り戻そうというわけである。

新緑の桃沢川上流

じつは、タイトルには二重にウソがある。 登山口の水神社のあたりは新緑に染まっていたが、ブナ林まで登ってみると、まったく葉がなかった。 また、愛鷹山にもその他のどのピークにも登らず、途中の沢で昼飯を食って帰ってきたのだった。

久々の単独行

こんの車酔いを克服し、山に慣れさせるため、連れて行こうかと思ったのだが、ワシの腰が不安なので、やめておいた。 山道でリードをグイと引っ張られたりしたら、まぁ、腰を痛めるか転落するか、どちらにしろ無事では済まされないだろう。 しかも、こんは主人の危機を知らせに走る、というタイプじゃないし。

久々の単独行である。 家族と一緒に歩く山も楽しいが、一人の山もまた楽しい。

いろいろな鳥が鳴いていた。 ウグイス、ホオジロ、シジュウカラ、コガラ、ミソサザイ、オオルリ……。

鳥の声と沢の音に包まれて、ゆっくりゆっくり山道を登っていくと、ヤマザクラの花びらが風にのって降ってきた。

ヤマザクラ咲く春の山

登山道の脇で日向ぼっこしていたヘビが、近づいたワシに驚いて逃げ出した。

ジムグリ

長さ1メートルほどの赤褐色のからだに、点々と黒いうろこがある。 ジムグリだ。

無毒のヘビなので、ゆっくり近づいて写真を撮り*1、お尻に触ってみた*2。 触ったとたん、落ち葉を掻き分けて地面に潜ってしまった。 なるほど、ジムグリという名前が付いているわけだ。

つるべ落としの滝

愛鷹山は火山である。 だから雨水を止める粘土層や岩盤がなく、沢の水は伏流水となる。 雨の後でないと水の見られない沢も多い。

つるべ落としの滝

水神社から位牌岳に至るルート上にある「つるべ落としの滝」は「まぼろしの滝」と呼ばれる。 水量が少ないときには見られないからである。 前日の雨のため、滝の水量はまずまずだったが、ここで予定していた昼食は先延ばしにした。 中高年男性4人のパーティーが滝壺の脇で昼食をとっていたので、遠慮したのだ。 ……というか、単独行の時には、一人でメシを食いたいからだ。

陽だまりの沢で昼食

滝の上に登り、沢に下りた*3。 板状節理の平らな石が積み重なった中洲で昼食をとることにした。

ミツバツツジの花

見上げると、ミツバツツジが咲いていた。 ミツバツツジの花の向こうに見えたブナの枝先の冬芽は、まだほころぶ様子を見せていない。

陽だまりの沢で昼食

平らな石を小さなテーブルと椅子にして、弁当を広げる。 自分で握った握り飯である*4。 沢音と鳥の声を聞きながら握り飯を頬張り、ポットのウーロン茶を飲む。

オヤジの趣味としては、極めて安上がりだよねぇ。 広さ三畳ほどの平らな岩の上で昼寝もできたし*5。 沢の水――正真正銘の天然水――も飲み放題だし。

……ということで沢の水を浴びるように飲んでいたら、アメンボを見つけた。

沢の淀みのアメンボ

水が透明なので、アメンボはまるで宙に浮いているようだ。 アメンボの肢の先が水面を押し下げているので、水底の影がゆがむ。 曲がった水面が凹レンズとなり、影の肢の先に光の輪ができていた。

登りは辛く、下りは危険

このところ膝が痛むのと、下り坂で(つまず)くことがあるので、ポールを使った。 両手に持った2本のポールで支えると、足元が不安定でも体を支えることができる。 翌日になって腕が痛くなってきたので、かなりの力をかけていたのだろう。

その代わり、前回かなりヒヤヒヤしながら降りたザレ*6も、難なく歩けた。 ヒトはやっぱり二本足で歩くのは不自然で、四本足の方がよいのではないか、と思った。

昼下がりの春の山

林道に降りるころ、ツツドリが盛んに鳴いていた。 きつく締めていた軽登山靴の紐を緩め、林道をゆるゆると歩く。 あと一週間もすれば、ヤマザクラも新緑の中に埋もれてしまうだろう。


*1 やっと、山/出会ってビックリ/ヘビに写真が載せられるなぁ。
*2 正確に言えば、「お尻と思われるあたり」である。ヘビのお尻がどこか、パッと見て判るかね?
*3 滝を上から覗いてみようかなぁ、と思ったが、やめておいた。もう若くないので無謀なことはしないのだ。
*4 カミさんは「お手並み拝見」と言いながら、唐揚を温めてくれた。
*5 日当たりの良い岩の上などで昼寝することを、登山用語でトカゲという。昼食後、トカゲに最適な岩を見つけてしまったために、この区間は時速10メートルという驚異の遅さになってしまった。コースタイムなど無意味であるなぁ。
*6 小さな石が積み重なっているようなところ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-27 (金) 22:27:40 (3771d)