嵐のような雨風の翌朝

昨夜の雨風でサクラの花はすっかり散り落ちた。

日誌/2007-02-23にブンゴウメかアンズなのか同定できなかった花は小さな実になり、若葉が開いていた。

アンズ?の葉とウメの葉

1枚ずつもらってきて、スキャンしてみた。 上の右側がウメの葉、左がアンズと思われる葉である。

ブンゴウメの葉はウメに似ているというが、さて、この葉だけ見ても判断がつかないなぁ。

コデマリが花盛り

コデマリの花

庭のコデマリが花盛りである。 小さな花が集まって、こんもりとドーム状になっている。 花序(かじょ)(花の集まり)は、ほとんど葉を覆い隠してしまっている。

はて、こんなふうに覆われてしまって、葉で光合成ができるのだろうか、と思って、花序を下から眺めてみた。 その結果については、別のページ(植物/コデマリ)に記す。

ソウシチョウが飛んでいた

夕方、こんと庭でくつろいでいたら、ヒリヒリと鳴きながら3羽の小鳥が庭にやってきた。 こんが だっ と駆け寄ったので鳥はすぐに逃げてしまった。

そのとき、からだはウグイス色なのに、おなかはオレンジ色、目の周りは白……ということで、その鳥の正体に気付いた。

ソウシチョウ(相思鳥)である。 中国南部などに住む鳥で、日本にはペットとして持ち込まれた。 逃げ出した個体が野生化した外来生物、いわゆる「帰化鳥」である。

ウチに居ながらソウシチョウを見るとは思わなかった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-14 (土) 22:12:09 (3844d)