選挙で選ばれているのは本当に「みんなの代表」か?

統一選の前半、県議会議員選挙が終わって、考えたことがいろいろある。 まぁ、日誌/2007-04-04にも書いたとおり、選挙の時期はうるさくてユーウツなのだが。

だいいち、投票率は低いし。 例えば投票率50%の選挙で、得票数がその半数で当選した人の「支持率」は、25%となる。 つまり四分の一だ。 そんな程度の支持しかない人を「代表」にしちゃっていいのかなぁ。

あるシミュレーション

また、こんなことも考えた。 定数1に対して、三人の候補者がいたとする。 この候補者を凸山、○川、凹田としよう。

凸山は現職で多選になるし、公私混同や既得権益への執着が見られるが、支持層はそれなりに厚く、40%くらい。 ○川、凹田は新人だが、それなりのマニフェストを提示していて、凸山の再選を阻みたい人は、どちらに投票するか迷っている。

こういう場合、現状の選挙制度では、たとえ60%の人々が凸山を不支持だとしても、凸山が有利である。 凸山が過半数の票を獲得できなくても、○川と凹田で票を食い合うからである。

なんか、こんなふうに「みんなの代表とは言えない人」が選挙で選ばれてしまっている、ということはないだろうか?

落確!

う〜ん。 選挙のしくみを変えて、 「自分はこの人に任せます」 という投票ではなく、 「コイツは絶対イヤ」 という投票にしたらどうだろう?

投票用紙には、書かれた立候補者を一覧にしておく。 投票の差異には、○とか×とか、とにかく代表としたくない人に印を付けるのである。

「コイツは街宣車、じゃない、選挙カーで連呼してウルサイだけで、何も具体的な政策を述べてなかったなぁ」
「この現職、活動報告も何もしないし、ちっとも働いていない」
「国会中継見ていたら、寝ていやがった」
「弱者の立場がぜんぜん判っていない」
「なんか非科学的なこと言って誤魔化してないか」
……などと思ったら、印を付ける。

「この人、実現可能なマニフェストを公開している」
「議会活動を見てみたが、まぁ、この人ならいいか」
……と思ったら何も印をしない。

つまり、投票するほうも、現職なら普段の活動、新人ならその主張をちゃんを見ておかないとキチンとした投票行動ができないわけだ。

……ということで、開票して、印がたくさん付いている候補者を落とし、減点の少ない人を代表者とするのである。

あ、そうだ。減点率が50%以上になったら落とす、というのもいいね。 「定員1、立候補者1」の場合でももちろん、選挙をやるのである。

……そうすると、テレビの「開票速報」では、「当選確実」ではなく「落選確実」という発表をしたりするようになるのかな?


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-09 (月) 22:14:53 (3849d)