朝の輝き

朝、庭へ出て(芝以外の)草が伸びたのでそろそろ全面的に刈らなくてはならないかなぁ、などと見ていたら、目に青い光が飛び込んできた。

オオイヌノフグリの下から光が反射していた

足元の草の露で反射した太陽の光である*1

少し視線をずらすと、青い光は黄色に変わる。 草の露の内部で光が反射する角度が変わるからだ。 草の葉に宿った小さな水のしずくがプリズムの働きをしているのである。

ツメクサの葉の先の露が周りの風景を写し、日光を分光する

朝露が草の葉に結ばれるころ、山の草原や明るい林を歩くと、あちこちから青や黄色の光が目に飛び込んでくる。 歩くにつれて色が変わり、また光る場所も変わる。

ほんの小さな輝きなのだが、一人で歩く山道では、なんとも楽しい小さなできごとである。

「イベント」がいろいろあった

4月といえば、狂犬病の予防注射。 ……ということで、こんを動物病院へ連れて行った。 これがまた、一苦労なのである。

こんは車に酔う。 幸い晴れて暖かかったので、窓を全開にして遠回りしてバイパスを通って行った。 最短ルートで行くと、舗装がデコボコなのでこんのダメージが大きいのだ。 後部座席にこんとカミさんを乗せ、カミさんはこんが盛大に垂らすよだれをぬぐうのだった。

病院の駐車場に着くと、こんはもう事態を察知して自分で歩こうとしない。 しかたがないので(ぎっくり腰を気にしつつ)抱えて行った。 するとこんワシの肩の上によじ登るので、頭の上からよだれが垂れてくるのだった。

病院に着いても、こんは抱きついて離れようとしない。 心臓はドキドキ、尻尾は後ろ足の間に巻き込まれたままだ。 もう、怖くて怖くて固まっていたので、注射されたことにも気付かなかったろう。

こんは注射がイヤなのではなく、「病院は怖いところ」と刷り込まれてしまっているのだ。 まぁ、仕方ないね。 毎回車に乗せられて気持ち悪くなるし、手術のときは家族と離れて心細い思いをしたし。

さて、ダッシュで*2ウチへ帰ってから、ワシとカミさんは週末の食料品買出し。

ウチへ戻ってから、静岡県議会議員選挙の投票のため、近所の小学校へ。

……という具合に、午前中のイベントが多くて(あわただ)しかったのだった。

庭にエイリアン出現?

庭にエイリアンが?

いやぁ、クローズアップすると結構不気味である。 食べるとおいしいのだけどね。

タラノキの芽

これくらい引くと判るね。 「タラの芽」つまりタラノキの新芽である。 テンプラが絶品なのだが、今年はマイタケと一緒にホイル焼きにしてみた。

タラノキの芽

他にも山菜や実のなる木をいろいろ庭に植えて、季節ごとに楽しもうと思ったのだが、どうもうまく行かない。 上の写真の遠くにピンボケで写っている犯人……じゃない、犯犬が、オシッコかけたり*3掘り返したり*4引っこ抜いたり*5してくれるからだ。

はたしてウチの庭は、こん好みになるのか、ワシ好みになるのか……闘いは続く。


*1 写真に撮ると、どうも色がはっきりしない。カメラのCCDに結像するのと、網膜で色を感知するのとで、何か違いがあるのだろうか。
*2 こんは病院から駐車場までダッシュして、ワシはその後慎重な運転で可及的速やかに。
*3 ギョウジャニンニクの周辺がトイレになってしまったので、プランターに移植した。
*4 フキノトウはオシッコかけられた上に掘り返されてしまった。
*5 ブルーベリー3株のうち2株は引っこ抜かれて枯死。1株は救い出して移植したけど、実るかなぁ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-08 (日) 18:04:34 (3850d)