選挙が始まるとユーウツになるのだ

今月は県議会議員と市議会議員の選挙があるので、なかなかにぎやかで憂鬱である。 先日の日曜日に庭の手入れをしていたら、選挙カーは候補者の名前を連呼するし、右翼の街宣車*1は軍歌*2を流すしでうるさいこと。

自分の主張に自信がない者ほど、声(音)がでかい、っちゅうことかね。

昨日も、会社の近所を散歩していたら、またまた候補者名連呼の街宣車、じゃない、選挙カーが物思いの邪魔をしてくれた。

もちろん、選挙は民主主義を機能させる手段の一つであるから、ワシは必ず投票に行く。 ただ、どうにも連呼は嫌いなのだ。

……なんてことについていろいろ書こうと思ったら、すでに書いていた。 元祖【科学的逍遙】の「選挙戦って何」を参照のこと。

選挙公報を見てみても

選挙公報が来たので、つぶさに見る。

う〜。 連呼と連鎖しているぞ。

連呼するしか能のない候補者の選挙公報の記事を見ると、やはり中身がない。 だ〜か〜ら、「明るく安全なくらしを守ります」なんてのは、当たり前のことであって、公約になってないってば!

具体的に、税金を何に使って、何に使わない、ってことをはっきり宣言してくれないものかねぇ?

しかし、こうも中身のないことばかり言う候補者が当選するようでは困るのだ。 民主主義ってのは、代表者を選ぶ側にも責任があるのだから、中身のないヤツ、失礼、中身のないことがばかり言うヤツに投票する人にも問題ある。

中身のない、非科学的ファンタジーばかり言うヤツに権力を握らせると碌なことにならないということは、歴史が証明している。 いわく、神国だから神風が吹いて勝つだの、世界でいちばん偉い国だの、単一民族国家だの、戦争のできる普通の国だの、美しい国だの、ナントカ還元水だの……。

みなさん、連呼するヤツは無視しておいて、ちゃんと選挙公報を読んで、中身のあることを言っている候補者に投票しようね。


*1 2台いたらしく、別々の歌をデカイ音で流すという、美しい日本人には相応しくない状況であった。
*2 時代錯誤的ではあるが、しみじみ歌うと心に沁みる歌もあるのだけどねぇ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-04 (水) 22:10:06 (3910d)