原発トラブル……あんまりだよねぇ

ワシ科学技術なしにヒトが地球上で平和に生活することはできないと思っているが、科学技術について常に楽観的なわけではない。

原子力発電については、ヒトには荷が重過ぎる技術なんじゃないかなぁ、と考えるのだ。 廃棄物の問題にしろ、核兵器の原料を作っちまうことにしろ。

ましてや事故隠しなんて、人間の弱さ、組織の醜さがモロに出ちまっているので、改めて、「科学技術の問題=人間の問題」であることがよくわかるのだった。 こんな人間が、原子力なんて扱いづらいものをいじるのは、やっぱり危険だよねぇ。

冥王星は「準惑星」になるらしい

日誌/2006-08-24日誌/2006-08-25に冥王星は「惑星」ではなく「矮惑星」(dwarf planet)になったと書いたが、呼び方がまた変わりそうだ。 日本学術会議の「太陽系天体の名称等に関する検討小委員会」が2007年3月21日にまとめた報告書では、dwarf planet の和名として「準惑星」が選ばれた。 4月上旬に正式決定され、決定された名称が教科書に記載されることになる。

まぁ、「矮惑星」では漢字も難しいし感じも悪いから、「準惑星」のほうが良いかもね。

アブラナ科植物は健康に良いのか?

……ってことについて、調査中。 キャベツを大量に食べるとワシは下痢するしカミさんは腹に違和感を覚えると言うので、ちょっと気になっているのだ。

「アブラナ科 下痢」といったキーワードで検索すると、「健康に良いです」というページばかりヒットする。 それらのページでは、なんとか還元水、じゃない、「なんとかいう成分」がアレルギーを抑制するとか発ガンを防ぐとか書いてある。

そういう記述を見ていてふと思ったのは、「有用な成分が含まれているから体に良い」という考え方は変ではないか、ということだ。 「いくら有用な成分が含まれていても、ほかに有害な成分も含まれていれば、体に悪い」はずだからだ。

例えば、ヒガンバナの塊茎(鱗茎)は「有毒」である。 そのままバリバリ食べれば、植物毒(アルカロイドの一種のリコリン)の作用により嘔吐し、死亡することもある。 その一方、デンプンを多く含むので、栄養源になる。 つまり、デンプンという有用な成分を多く含むが、多少の毒を含むため、有害なのである。

「天然成分だから安心」「植物由来だから体に優しい」なんて宣伝文句は、常に眉につばを付けて聞くべきなのだ。

さて、ヒガンバナは田んぼのあぜ等、集落の近くに植えられている。 これは凶作のとき、食用とするためである。 デンプンは水に溶けず、アルカロイドは水に溶けやすいため、ヒガンバナの鱗茎をすりおろして水にさらせば、デンプンだけを取り出すことができるのだ。

何であれ、モノは使いようなのだ。 「薬」か「毒」かを一方的に決め付けるのは愚かなことだ。 「この植物で救われる」なんてのは、非科学的な妄信である。

そしてまた、モノを「使う」ためには「科学的な知識」が必要であることは言うまでもない。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-22 (木) 23:58:12 (3867d)