静電気の季節もあと少しの辛抱……

ウメの花咲き、スギ花粉が舞い、春の匂いのする雨の降る季節になった。 ようやく空気中の水分(水蒸気)も増えてきて、少しばかり静電気が起きにくくなってきたような気がする。

毎年、冬はビクビクして過ごすのである。 クルマから降りてドアを閉めるとき、アクリルのアンダーシャツを脱ぐとき、アクリルの毛布を畳むとき……バチッと電撃を食らうのである。

夜、真っ暗闇の中トイレに行こうと羽毛布団とアクリルの毛布を持ち上げると……バチバチという音とともに、青白い電光が走るのであった。 あんまり見事なので、ビデオに撮りたいぐらいだが、こんが噛んで開けた穴あきのアクリル毛布じゃなぁ。

こんと言えば、ワシがアクリルのフリースジャケットを着ているとき、こんが鼻先を舐めに来ると、電撃が飛ぶ。 獣毛と化繊という、静電気の実験のような素材で発生した電位差が、こんワシの鼻先という導体を通じて解消されるわけだね。

ワシはけっこう痛いのだが、こんは痛くないのだろうか?


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-22 (木) 00:09:48 (3892d)