ハクビシンに遭遇した

昨日の「春一番」に続いて今日も風が強い。

夜、帰宅途中の路上で、横断歩道を急に横切り始めた動物を見つけ、急ブレーキを踏んだ。 胴長短足、半ば伏せたような走り方だったことから最初はネコかと思ったのだが、道を渡り終えてお寺の境内に消えていく後姿が、どう見てもネコではない。

シッポが太くて長いのである。 イタチにしては大きすぎる。 大きさはテンくらいだが、場所が駿東郡長泉町本宿の住宅地だから、森林地帯に棲むテンの可能性はない。 それに背から尾にかけて、テンにはない黒い筋が入っていた。

……ということで、顔ははっきり見えなかったが、まずハクビシンに間違いあるまい。

ハクビシンだのサルだのイノシシだのシカだの、時折野生動物が出没するのは、このへんが良い環境だからなのか、山が棲みづらくなっているからなのか、よく判らないねぇ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-15 (木) 23:47:02 (3957d)