朝の散歩で俳句をひねってみたりした

毎朝6時に起きるこんに付き合って散歩している。 晴れた朝は放射冷却により空気も冷え切っていて、走ると耳が痛い。 なかなか辛いのだが、朝焼けを見たりすると、多少元気が出る。

うす赤く染まった雲を見上げ、そのまま西に頭を回したら、満月が浮かんでいた。 田んぼの(あぜ)のモグラの塚を嗅ぎまわるこんのリードを引きながら、一句ひねってみた。*1

西の空に浮かぶ満月と赤く染まった富士山

日の出前 西に望月 畑の霜

朝日に染まった富士山も詠み込みたかったけど、難しいねぇ。

ちなみに、与謝蕪村の俳句、

菜の花や 月は東に 日は西へ

の月も、満月である。 もちろん蕪村の句は、早朝ではなく夕方の情景を詠んだものだ。*2


*1 吉田拓郎の歌(「旅の宿」)ではないが、なんで月を見ると俳句をひねりたくなるのだろう?
*2 月の(フェーズ)が重要な要素となっている、という点にだけ注目して、ほかは比較しないこと!

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-06 (水) 22:13:42 (3969d)