ニホンカモシカの姿なし

午前6時に起床、朝食にカップラーメンを食べてから、ザックに観察用具と昼食を詰め、8時から移動。 足尾ダムから先へは、許可を得た車両しか入れないのだ*1

定点観察ポイントへと、岩と小石のガレ場を登った。 10年前にはどうということもなく登れた斜面なのに、えらく足がふらつく。 やっぱりトシかなぁ。 トレッキングポール*2を持って来て良かった。 ワシが岩場を何十メートルも落ちたら、妻子が路頭に迷うことになってしまう。

定点観察ポイントにフィールドスコープを据えた

定点観察ポイントにフィールドスコープを据えて、9時から観察開始。 ほかに4つの定点観察ポイントがあり、それぞれにメンバーが張りついていて、トランシーバーで連絡をとりながらカモシカを探すのだ。

フィールドスコープで沢の向こうの斜面を探す

しかし、カモシカが出ない。 見たものといえば、ニホンザルとニホンジカとイヌワシとハヤブサとノスリとトビとマヒワとヒガラとシジュウカラとウソ、くらいかな*3。 カウントを始めた四半世紀前と比べると、サルとシカが増えたように思うが、それとカモシカが減ったこととの関連は判らない。 フィールドでの観察では、何が原因で何が結果なのか、見極めるのが難しいのだ。

日光男体山を望む

足尾銅山から排出された亜硫酸ガスで荒れた山も、治山(砂防や植林)の努力によって緑を取り戻しつつある。 ケモノたちも日光のほうから足尾に移動してきているのだろう。

15時、調査終了。 慎重にルートを選んで*4下山した。

この日は足尾から銀山平へ抜ける道の途中の駐車場に、年寄り三人組が泊まることになった。 折りたたみ式の焚き火台を使って小さな焚き火を楽しみ*5、魚や肉を焼いたり、キムチ鍋を作ったりした。 昨日よりは雲が出てきていたが、椅子の上で反り返って焚き火の明かりを腕でさえぎると、カシオペヤの向こうの銀河が見えた。

まぁしかし、中年ともなると、少し酒を飲んだだけで眠くなって困る。 17時ごろから飲み始め、20時半にはもうダウン。 オリオン座が昇ってくるころ、各自のクルマに引き上げて寝たのだった。

クルマに入る前、明かりを消して暗闇に目を慣らすと、木々の(こずえ)や駐車場に敷かれた小石も見えた。 星明り……数百年、数万年を経て到達した星の光に照らされた景色を眺めてから、眠りに就いた。


*1 以前は営林署の許可を得てゲートの奥へ入っていたこともあったが、近年は予め許可を得ている余裕がない。
*2 スキーのストックのようなもの。
*3 クマに遭わなくてよかった。
*4 登山道はないので、けものみちや治山の作業道の名残を辿り、ガレ場を無理やり降りるのだ。
*5 キャンプ場ではなく駐車場なので、さすがに地べたで火を焚くわけには行かないのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-27 (月) 22:54:22 (3861d)