朝焼け

朝焼け

日々日の出が遅くなる時期だというのに、このところこんの起床時間が早くなっている。 おかげで、ウチを出る頃にはまだ暗い。 ただ、早起きして散歩をすると、それなりの「得」がある。 今朝は素晴らしい朝焼けを見た。

刻々と色を変えていく朝焼けを眺めながら考えたのは、「ニュートンがプリズムで謎を解いたために、虹の神秘性が失われた」というような、科学の進歩を(うと)む主張の虚しさだ。 ワシは、朝焼けの雲が染まる仕組みを知っているが、その知識は朝焼けの素晴らしさをなんら損なうものではない。 むしろ、刻々と変化していくその理由を知っていることによって、自分が惑星地球の表面に立ち、地球上のすべての生き物とともに宇宙を旅していることを実感できるように思う。

ワシが少年から青年になる間に、人類が月に降り立ち、惑星探査機が木星と土星をかすめて太陽系外へ向かい、宇宙望遠鏡が星の生まれるところを見つめた。 そのときどきに、「科学の進歩が夢を奪う」とか「神秘の世界を想像する力が失われる」とか、妙なことを言う著名人がいたように思う(テレビや新聞に出てきたので、著名人だったのだろう。ワシはよく知らんが)。 「いずれ科学が進歩して、世界(宇宙)のすべてのことが判ってしまったら、詰まらない(だから科学は発展しないほうがいい)」というような主張すら目にしたことがある。 この人がどれほど「優れた」人なのか知らないが、ナマの自然を見たことがない、頭の中に閉じこもっている人なのだろうなぁ、と思った。

フィールドへ出てみれば、判らないことだらけだ。 新しい発見をして知識を増やせば増やすほど、新しい謎が生まれる。 その発見の喜び(心の中で「エウレカ!」と叫ぼう)、新たな謎に気付く喜び(なるほど世界は広大無辺だ)を知らない人は、不幸だよなぁ。

まぁ、知識の境界線を勝手に引いて、ここから先は神の領分、とか言いたい人には言わせて置こう。 しかし、「ここから先は知ってはならない」などと言う人には警戒したほうがよい。 何か、自分たちに都合のよい「神話」を人々に押し付け、良からぬことをしようとしているのかも知れないからだ*1


*1 そういう連中によって、争いがもたらされるのだろう。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-21 (火) 22:18:37 (3924d)