「イヌの足」二題

超足長犬

こんは柴犬がベースの雑種だが、いったいどういう犬種の遺伝子が混ざっているのだか、胴が長い。 というか、足*1が短いのだろうか。

こん!足長いじゃん!

……おや? こん、どうしたの、そんなに足が長くなっちゃって。

朝日が昇り、長い影ができた

もちろん、影のマジックである。 朝の散歩の途中、朝日が箱根の稜線の向こうから昇ってきて、こんワシの長い影が道の上に伸びた。 影は小学校の石垣で曲がって立ち上がり、足だけが長い異形(いぎょう)となった。

ネコは後ろ足を置く場所を心得ている

田んぼを悠然(ゆうぜん)と歩いてきたネコと遭遇(そうぐう)こんはとにかくちょっかいを出したいのだが、ネコのほうは真剣だ。 背を弓なりに曲げ、毛を逆立ててふくらんで、「ふぅぅぅぅ」と低くうなっていた。

こん、気合ではネコに負けてるよ

ケンカさせたらこんが負けるだろうと思ったので、血を見ないように遠ざけた。 その後、ネコが上手に竹をまたぎ、溝を越えていくのを見ながら、こんは歩き方でもネコに負けているなぁ、と思った。 こんときたら、用水路に下半身を落とすわ*2、側溝の蓋の穴に後ろ足の先をはめるわ、自分のウンコを踏むわ*3、バナナの皮を踏んでコケるわ*4、という具合で、ずいぶんとイイカゲンな場所に後ろ足を置いては、ズッコケている。

まぁ、ネコは木に登るような器用さをもつのだから、前足を置く場所同様、後ろ足を置く場所にも注意を払っているのだろう。 それに引き換え、ひたすら草原を駆け抜けるオオカミを祖先に持つイヌにとっては、後ろ足は推進エンジンに過ぎない。

こんの後ろ足の爪を見ると、後ろ足が推進エンジンであることがよく判る。 なにしろ散歩のときも庭でも猛ダッシュをするのが好きなもんだから、まったく切る必要がないくらい、爪がすり減っているのである。


*1 生物学的には「(あし)」とするところだが、堅苦しいのでここでは「足」にしておく。
*2 科学的逍遙日誌:入梅」を参照のこと。
*3 幸い固めのウンコだったので、ウンコが凹んだだけで肉球は汚れなかった。
*4 これはウソ。なぜか道にバナナの皮が落ちていて、それを踏んだことはあるが、コケなかった。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-17 (金) 22:27:57 (3871d)