散歩は朝と夜に限る。

最近、朝の散歩に出る時刻は、日の出前である。 雪の頂を紅く染めた富士山を見ながら家を出て、散歩するうちに朝日が差してくる。 近所の小学校のイチョウやプラタナスが朝日に映えるのを見ながら、ウチに帰ってくる。

近所の小学校のイチョウの黄葉

イチョウの黄葉も盛りを過ぎて、葉が散り始めた。 そんなイチョウを(携帯電話で)撮ろうとしたら、「秋の火災予防運動」のサイレンに(おび)えたこんに引っ張られたので、妙なアングルの写真になっちゃった。

今日の午後はよい天気だったので、こんを散歩に連れ出そうとしたのだが、拒否された。 「散歩に行こう」と声をかけると、座卓の下にもぐってしまう。 玄関にいざなうと、階段を上がって二階へ行ってしまう。

……今日もまた、ちり紙交換車と「北風小僧の寒太郎」*1が怖かったらしい。

夕食後、西の空に傾いた夏の大三角形を見ながら近所の公園へ。 暗くなって行き交う人や車が少なくなれば、こんは大胆になれるようだ。 もっとも、「秋の火災予防運動」の間は、(かね)を鳴らしながら通り過ぎる消防車*2に怯えて、ダッシュしてウチに帰るのだろう。


*1 日誌/2006-10-29」を参照のこと。
*2 こん/怖いもの」を参照のこと。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-12 (日) 23:32:31 (3997d)