田んぼにカニが!

こん、カニと遭遇する

朝の散歩のとき、こんが田んぼの中へ突っかかって行った。 何事ならんと見てみると、カニがいた。

こん、カニを見つける

川の中流域に()むモクズガニである。

モクズガニ

二の腕……というかハサミの(もと)の部分に、藻屑(もくず)の付着する長い毛が生えている。

モクズガニなんて、伊豆の半島部の川へ行かないとお目にかかれてないと思っていた。 500メートルほど離れた黄瀬川から、用水路伝いにやってきたのだろうか。

こんはおっかなびっくり前足を出したりしてじゃれていたが、散歩中の他のイヌがやってきたので興味を失ったようだ。

モクズガニと遊ぶ?こん

ワシ、ドクガに遭遇する

さて、家に帰って庭の木々を見て回っていたら、タラノキの葉の上にゴマフリドクガの幼虫がいるのを見つけた。 ドクガは迷惑なので、火バサミではさんでコンポスト(堆肥化容器)へポイ。*1 タラノキのゴマフリドクガを排除するのはこれで5〜6匹目だ。

こうした毛虫を見つけるときには、何となく何かいそうだなぁ、と思ってふと見ると、そこにいる。 ワシは、毛虫にたかられた植物が放出する警戒フェロモンを感じることができるのだ。*2 で、ゴマフリドクガを排除した後カキを見たら、こんなのを見つけてしまった。

リンゴドクガ幼虫

リンゴドクガの幼虫のようだ。 お前もドクガか。 コンポストへさようなら。

参考

みんなで作る日本産蛾類図鑑


*1 こんがウチに来るまでは庭の土の中に埋めていたが、今はこんが掘り出して刺されたりすると厄介なので、堆肥になってもらうのだ。
*2 もちろん、ウソである。イラガについても似たような話を書いたなぁ。日誌/2006-09-02参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-10 (金) 22:58:24 (3878d)