人間ドック

今日は人間ドックのため会社を休んで病院へ。 検査の間の待ち時間が長いので、例年文庫本を持って行く。 今日は野尻抱介の『太陽の簒奪者(さんだつしゃ)』とロジャー・ゼラズニィの『光の王』を持って行った。*1

『太陽の簒奪者』の第一部は次のように始まる。*2

ACT・1 2006年11月9日

高校の天文部はいまでも太陽観測を日課としている。それが日中に観測できる数少ない天体だからだ。この日、太陽は特別なゲストを迎えようとしていた。水星の太陽面通過――いわば水星による日食だった。

ん? 2006年11月9日? ……今日じゃないか。 そういえば、どこか(新聞か雑誌かWeb*3か)で、今日の早朝に水星の太陽面通過が見られると読んだ記憶があるが、人間ドックというイベントにまぎれて忘れていた。

いずれにせよ、第三接触*4が9時8分過ぎ、第四接触*5が9時10分過ぎなので、すでに病院に着いていたから、見られなかったのだが。

さて、昨日の夜9時から絶食していて(お茶も飲めない)、空きっ腹にバリウムを飲まされて撮影台の上で振り回されて、という具合に人間ドックはなかなか(つら)い。 唯一の楽しみは、豪華な昼食である。 食後の尿と血糖値を調べるため、しっかりおいしいものを食べて、その後また採尿と採血が(それぞれ2回)あるのだ。 その昼食とは、こんな具合である(ふたを取ってから撮ればよかったなぁ)。

人間ドックの唯一の楽しみ、豪華な昼食

御品書

食前酒(梅酒)
前菜三種
 一、鮪の昆布和え
 一、長芋の揚げ煮
 一、スタッフドエッグ イクラ添え
水菜とベーコンサラダ
大根のベッコウ煮
海老のしんじょう三色揚げ
テールシチュー
湯葉鍋
中華風茶碗蒸し
けんちん汁
御飯
漬物
フルーツ
食後のデザート

ワシは昭和30年代の生まれなので、残すことが苦手だ。 ……というわけで、全部食べようと奮闘した結果、今年も腹が一杯になってしまい、ちょっと苦しんだのだった。


*1 どちらも以前に読んだ本である。新しい本だと、読んでいて先が気になって仕方がないので、しょっちゅう分断される待ち時間の読書には不向きなのだ。人間ドック暦が長いと、こういう詰まらないノウハウが身に付く。
*2 ちなみに、主人公白石亜紀は天文部長で、水星の太陽面通過を観測していてとんでもないものを見てしまう。だが、第一接触から見ているのは、ちょっと変だね。第一接触と第二接触は、日本では見られないのだ。その時間、日本ではまだ水星は昇って来ていないからね。
*3 アストロアーツのサイトなど。
*4 太陽面から出て行こうとする水星の縁が太陽の縁と重なる瞬間。
*5 太陽面から水星が離れる瞬間。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-09 (木) 21:28:41 (3996d)