履修漏れ問題

進学校としての実績が欲しい高校による「履修逃れ問題」といったほうがいいかも。 でも、本質的な問題は、「大切なので必修科目」となっている世界史などを、教育委員会や校長が「学ばなくてもよい」と判断してしまったことだ。 「ゆとり教育」の弊害で、中学卒業までの理社の内容はかなり削られている。 そこへもってきて、高校で必須科目すら教わらないのでは、非常識な大学生の大量生産と言われても仕方あるまい。

ヘタをすると、今の大学生は「進化」も「銀河系」も「十字軍」も習ったことがないのだ*1。 そんなことで映画を楽しんだり、ニュースで報じられる世界の情勢を理解できたりするのだろうか? 

もちろん、学校で教わればいい、というもんでもない。 授業の中身の良し悪しは大きな問題だ。 実際、教壇に立っていたときにはどうやって記憶の片隅にでも知識をとどめてもらおうかと、いろいろ考え、実践したものだ*2。 スライドやビデオなどの視聴覚教材を使ったり、実験をしたり、実物*3を教室に持ち込んだり、クイズにしたり……。 今でも、やる気のある現場の教師は、あれこれ知恵を絞っているはずだ。 したがって、まったく知らないのと、授業でやったかも知れないと思うのとでは、格段の差があるだろう。

いっそのこと、大学入試に「一般教養」というヤツを追加してはどうだろうか?  教科にとらわれない、幅広い教養を要するような問題ならなおよい。 ……そうなると、そういう問題を作れる大学人がいるかどうか、ということがまた問題になるかな?

参考


*1 「進化」も「銀河系」も中学の理科から外されたので、高校で生物・地学を履修しなけりゃ習わない。その上世界史が履修漏れだと、「進化」も「銀河系」も「十字軍」も知らないまま大学生になることがあり得るのだ。
*2 若くてやる気があったころの話。
*3 シダの前葉体とかヒキガエルの卵とかタヌキの頭骨とか……。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-06 (月) 22:59:00 (4058d)