人類史上最強のメディア

今日会社で MSDN Library にアクセスして Web オーサリング ツールについて調べていたら、「UI 設計の 5 世紀」という記事を見つけた。 その冒頭を引用する。

「何時間使っても疲れない自然なユーザー インターフェイスを持つアプリケーションを設計しました。実のところ、あまりにも透過性に優れているため、ユーザーの意識から『消えます』。まるでユーザー自身の脳の一部のようで、アプリケーションを使っていることさえ忘れてしまうほどです」

まるで UI 設計における聖杯のようじゃありませんか?私たちを仮想現実世界へと導く、あくまでも空想上の未来像だとお思いでしょうか。そう思っているとしたら、それは間違いです!私たちはみんな、これくらい自然な UI をほとんど毎日のように使っています。私たちはそれを「本」と呼んでいます。

……なんだか、まったく同じようなことを、昔(10年位前)アシモフの科学エッセイで読んだような気がする。

J.ローゼンバーグの「デジタル文書をどのように残すか」(『日経サイエンス』1995年3月号)では、デジタル文書はアナログ文書よりも寿命が短いのではないか、という指摘があった。 「古い」デジタル文書は適切なタイミングで変換しなければ、事実上消滅してしまうからね。 もはや、昔々(20年位前)EPSON HC-88 やワープロ専用機 OASYS で作成した文書(とくに線画)なんて、読みようがないもんね。 CP/M の文書とか 5インチのフロッピィとか PC-9800 のゲームとか Windows 3.1 用の CD-ROM ソフトとか、壊れてしまった Palm の中のメモとか……いろいろあるなぁ。

それに対して、本は数世紀前から完成の域に達しているユーザインターフェース(UI)を持つ上、(中性紙なら)千年くらいはデータを保持できる。 読み取り/再生用のハードウェアはユーザが用意するから、メディアだけがあればいい。 ある程度の明るさが確保できれば、電源も不要だ。 再生結果はユーザのハードウェア*1に依存するが、状況によっては総天然色の動画+音声に、匂いや味覚まで再現することができたりする。

……というわけで、デジタルメディアがいくら発達しても、本は無くならないだろう。

それにしても何だな。 このマイクロソフトの記事、著者は「ビル ヒル」と記名されているが、いつ書かれたものか判らない。 折角面白いことが書いてあるのに、資料的価値がないじゃん。

参考

「電卓博物館」の EPSON HC-88
http://www.dentaku-museum.com/hc/computer/epson/epson.html
OASYS 300A のカタログ
http://www.ykanda.jp/catalog/300a/300am90a.htm

*1 正確に言うと、日々更新されるソフトウェアを組み込まれたハードウェアかなぁ。ウェットウェアとも言うね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-05 (日) 00:27:33 (4006d)