ひっつかれ犬

朝6時20分に家を出て、こんに引っ張られて歩いているとき、箱根の向こうから朝日が昇り始めた。 久々に日の出を見た気がする。 真っ赤なひしゃげた円盤。

あらためて、あの球体から降り注ぐ光エネルギーの当たり方によって四季が移り変わっていくんだよなぁ、などと考える。 秋も深まり、もう11月じゃないか。

……ふとこんを見ると、ほっぺたに何かついている。

こん、ほっぺに何かついてるよ

あぁ、「ひっつき虫」か。 イノコズチの果実だね。

こんのほっぺのひっつき虫

折角だからウチまで付けたまま帰ってもらって、実体顕微鏡で見ることにした。 ところが、けっこうシッカリくっついているので、取りにくいこと。 だいぶこんに文句を言われた。

双眼実体顕微鏡で見たイノコズチの果実

研究室/携帯で顕微鏡写真を撮る」に書いた方法で撮ってみた。 トゲにはさまっているのは、こんのほっぺたの毛である。 ついでなので、久々にスケッチしてみた。

イノコズチの果実のスケッチ

写真も良いが、スケッチすると構造がよく判る。 また面白いものを見つけたら、スケッチしてみよう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-01 (水) 23:33:54 (3887d)