カルガモは捕れないだろうに

朝の散歩のとき、こんは水路にカルガモを見つけると、物凄い勢いでダッシュした。 リードを引いて止めなかったら、水路に飛び込んだだろう。 まぁ、こんの力量では、4羽とも逃がして、こんとワシがスブ濡れになる、というオチだったろう。

ちょっと面白かったのは、こんがカルガモのいないところにも、ケンカを売ろうとしていたことだ。 流れが泡立ち音を立てていたので、何か生き物がいると思ったのだろうか。 瀬音って、生き物っぽいからね(山/出会ってビックリ/妖怪参照)。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-24 (火) 12:55:16 (4070d)