イラガ駆除者

昼休みに会社の近所の公園を散歩していたら、道の上にイラガの幼虫がたくさん*1落ちていた。

アオイラガ幼虫

あとで「みんなで作る日本産蛾類図鑑」で調べたところでは、アオイラガのようである。

それにしても、なんでこんなに落ちているのだろう、と見上げると、シラカシの木があった。 よくよく見ると、葉にアオイラガの幼虫がついている。

アオイラガの幼虫の付いたシラカシの枝

シラカシの下を歩いているとき、こんなのがバラバラ落ちてきて、襟首なんかに入ってしまったらかなわんなぁ、と思って見ていると、幼虫がポタリと落ちてきた。 傷を負っているようだ。

はて、とシラカシの枝の間を(うかが)うと、シジュウカラが2羽いた。 ツピツピと鳴きながら枝から枝に渡り、イラガの幼虫をつまんでは落としているようだ。 食べている様子はない、というかシジュウカラは食べても大丈夫なのだろうか?  それとも面白がってつまんで落としているだけなのだろうか?

エサにしているかどうかはともかく、シジュウカラが勤勉なイラガ駆除者であることは確かなようだ。


*1 1平方メートル当たり4〜5匹。合計20匹くらい。これは「たくさん」と言ってよいだろう。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-17 (火) 20:25:15 (3959d)