ガマの穂が出てきた

池の端のガマとアヒル

下のムスメの運動会を見に学校まで往復した(昼飯はウチで上のムスメと食べたのだ)。 その途上、毎晩の散歩(こんの散歩)で通ってくる公園を通り抜けた。 すると、池の(はた)でアヒルがガァガァ言っていた。 いつもこんがちょっかいを出したくてリード(引き綱)をグイグイ引く、そのアヒルたちだ。

アヒルたちが出てきたあたりを見てみたら、ガマの穂がだいぶ出てきたのに気付いた。

ガマの穂

子供のころ、因幡(いなば)のシロウサギがくるまったという「ガマの穂綿」というものが何なのか、よく判らなかった。 ガマの穂を触ってみると、硬くて茶色い。 ところが種子が成熟すると、その硬い穂がほぐれて、むわわわ〜っという感じで、タンポポの綿毛を一回り大きくしたような、綿毛をもった果実が現れる。 その様子がとても面白いので、ムスメらが小さいころ、何度かガマの穂をほぐして、綿毛を飛ばして遊んだものだ。

……というわけで、いまでも下のムスメはガマの穂をほぐすのを楽しみにしている。 今日も運動会の帰りにガマの穂を摘んでみたそうだが、まだほぐれなかったそうだ。

だから、綿毛が飛ぶようになるのは、10月に入ってからだって。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-16 (土) 22:39:56 (3990d)