蛾の幼虫は、イモムシなら許す

今朝、こんの散歩と言うか、ウチの周囲を巡回中、ムラサキシキブの葉が食われてのっぺらぼうになっているのに気付いた。 この(いさぎよ)い食い方は蛾の幼虫であろう、と思って探すと、いたいた。

エダシャクの幼虫

エダシャクの幼虫である。 いわゆる尺取虫だ。 驚くとこのようにピンを体を伸ばして、木の枝に擬態する。

……擬態といったって、おい、葉っぱから枝が出てたら変だろ。

などと突っ込んでから考えた。 ムラサキシキブの長さ1メートルほどの枝の葉がごっそりなくなっているが、それをこのサイズのエダシャクの幼虫数匹で食えるものなのだろうか?

……と思ってふと下を見ると、こんが枝に向かって「攻撃を仕掛けたいのだけれどコワイ」という風情で足踏みをしている。 その枝をよくよく見ると、コイツがいた。

ムラサキシキブを食害中のスズメガの幼虫

スズメガの幼虫である。 こんがちょっかいを出しているときには警戒して固まっていたが、上の写真はその後、落ち着いて食事中のものである(くそー。ウチの庭のムラサキシキブをくそに変えやがってぇ)。

そういえば、先日、同様に巨大なイモムシがアサガオを食害していたので除去した。 こんなヤツである。

アサガオを食害していたスズメガの幼虫

今日見たスズメガの幼虫に似ていたが、今日見たほうには頭にブツブツがあるので、別種かもしれない。

さて、イラガやドクガの幼虫のような、とくに毒のある毛虫は許せないので、直ちに地面かコンポストの中に葬ってしまう。 スズメガの幼虫も、やっぱり結局はコンポストの中あたりに葬ってしまったりするのだが、その前に、上の写真のようにいじってみたりする。

世の多くの人はイモムシ(蛾や蝶の幼虫)に触れない、もしくは触ったことがないようだが、触ってみるといろいろ気付くことがあるのだ。 まず、湿っていると思っている人が多いが、そんなことはない。 わりとすべすべしている。 ナミアゲハやキアゲハの幼虫など、はっきり言って心地よい。 ……なんてことを言うから変人と思われてしまうのであるが、触ってみたことのある人は、同意してもらえると思う。 だから、イモムシは「許せる」のである。

さて、エダシャクとかスズメガとか、分類が大雑把で申し訳ない。 農学部出身のワシにとっては、蛾の幼虫=害虫なので、趣味で()ずる対象ではなく撃退する対象なのだ。 そこでまぁ、大雑把に分類できればよいか、と思って人生を送ってきたのである。

しかし、世の中には蛾の幼虫と言えどもおろそかにせず、きっちり分類している人もいる。 興味のある人は、みんなで作る日本産蛾類図鑑など、大いに参考になるだろう。 なお、興味のない人は、絶対に見てはいけない。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-09 (土) 22:16:27 (4057d)