バタフライガーデン

このところ毎朝、ナミアゲハが羽化しては、芝生の上でジタバタしている。

こんが食ってしまうのではないかと心配するのだが、食べない。 アゲハは不味いのだろうか。 カナブンやヘリカメムシは食うくせに。

ルーにはナミアゲハの幼虫がいっぱいいるし、ナミアゲハやクロアゲハが庭を横切るし、ここ数日、モンキチョウやイチモンジセセリがローズマリーの花を訪れるし、ヤマトシジミやらツマグロヒョウモンやらも舞うしで、けっこう「バタフライガーデン」になってきた。 食草や花の植わった「チョウの訪れる素敵な庭」というわけだ。

だが、何か違う。 思い描いていたバタフライガーデンではないのだ。

……何でだろう、と考えて思い当たったのは、ローズマリーくらいしか花がない、ということだ。 色とりどりの花が一年中咲いている庭を目指していたのだが、掘り返したり食いちぎったり「けものみち」を作ったりするヤツが一匹居るおかげで、「素敵な庭」にならないのだ。

まぁ、さまざまな食物連鎖の見られる「食のパラダイス」にはなっているけどね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-06 (水) 23:27:40 (3943d)