庭の環境保全活動

朝、こんと庭に出ているとき、カツラの葉が妙に散っているな、と思った。 黄葉する時期ではないのに、黄色い葉が芝生の上に散っている。 これは、カツラからのサインだ、と思った*1

そこで枝を見上げてみると……いくつかの葉に、見覚えのある食痕(しょっこん)を見つけた。 やっぱり来たか、と思いながら高枝切バサミで葉を切り取ってみた。

イラガの幼虫がいた。

カツラの葉を食うイラガの幼虫

カツラに朝日が当たって葉が見づらくなるまでの間、イラガの幼虫のついた葉や枝をせっせと取り除いた。 20枚近くあったので、数百匹いたことになる。 きっとまだいるだろう。 やだなぁ。

ついでに、ヘリカメムシにたかられたアサガオも撤去することにした。 ダイニングの窓を覆うようにネットを張ってあったのだが、アサガオがみじめな状態で、ぜんぜん日影を作ってくれないし、花もチラホラなのだ。 ところが実だけはできるので、こんが種子*2を食べて下痢をする危険があるのだ。

カツラの木蔭に椅子を置いて、ネットにからまったアサガオのつるを剪定ばさみを使って取り除いた。 ……まったく、休日もネットと格闘である。 仕事で格闘するネットはバーチャルだけど。

さて、日誌の表題に「環境保全」と書いたが、もちろんイラガやヘリカメムシにとっての「環境保全」ではなく、ワシや家族やこんにとって良い環境を保全する、ということである。 環境保全には、殺生が伴うものなのかも知れない。


*1 もちろん、ワシへのサインではなく、ほかのカツラへのサイン――フェロモンの放出に伴うもの――なのだけど、見る目があれば判るのだ。エヘン。
*2 アサガオの種子は牽牛子(けんごし)という漢方薬で、強力な下剤なのである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-02 (土) 21:30:55 (4064d)