夏の大三角形も西へ

こんとムスメと夜の散歩。 夜空は晴れ上がっていた。 それでも水蒸気が多いのか、ムスメに言わせると「紫色の夜空」だった。 ふた筋ほど、星も流れた。

上限の月が西の空に低くかかり、頭上には夏の大三角形。 しかし先日までまさに天頂に見えていたわし座のアルタイルは、少し西へと移動している(毎日ほぼ同時刻に空を見るので、よく判るのだ)。

星ぼしの貼り付いた天球が、日々西へとずれていく……というように見えるが、実際には太陽をめぐる地球が、その位置を変えたのだ。 学校で教わる「天球」というバーチャルな球体は、肉眼での観測結果を判りやすく説明するには便利だが、宇宙の大きさの感覚を損なう。

地球から夏の大三角形を構成する恒星までの距離を記しておこう。 理科年表によると、わし座のアルタイルまで17光年、こと座のベガまで25光年、はくちょう座のデネブまで1800光年、という具合である。 星は地球から等距離にある球面の内側に貼り付いているではなく、見かけ上無限大の空間に散らばっているのだ。

公園の水辺の草っぱらに立って、夜空を見上げならが考えた。 この広大無辺の宇宙と数限りない天体を、地球の表面にへばりついたヒトにとって都合のよい考えに押し込めようとするのは、どうあっても無理がある。

そこで思い出したが、「冥王星が惑星から降格された」というニュースが民放で放映されたときの星占い師のコメント(うろ覚えだけど)。

冥王星は死と再生をつかさどる星なので、非常に重要だ。

冥王星が惑星でなくなることで、世界が平和になるのではないか。

冥王星が惑星でなくなったことの影響は、すぐには表れない。人々の認識が浸透するまで、時間がかかるだろう。

ぷっ、いや失礼。それにしても、面白いねぇ。 星占いって、星が人間の運命に影響を与えるのではなかったっけ。 こと冥王星に関しては、人間の決定が星の運命を決めちゃうわけなのね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-01 (金) 23:37:20 (4065d)