惑星って何だ

昨日の日誌を一部訂正。 水星〜海王星の8個を classical planet とする、と書いたが、ただの惑星(planet)のままらしい。 classical planet という呼び名は、冥王星を惑星の仲間に留めるために提唱されたものだそうだ。

さて、その惑星の定義だが、国立天文台 アストロ・トピックス (233)(速報)太陽系の惑星の定義確定によると次のようになる。

  1. 太陽の周りを回っている
  2. 十分大きな質量を持つので、ほぼ球形である
  3. その軌道の近くでは他の天体を掃き散らしてしまいそれだけが際だって目立つ

この中の「他の天体を掃き散らす」って意味、判るかなぁ?

惑星軌道上の惑星付近の小さな天体は、惑星の重力に引き寄せられて落ちる(流星や隕石になる)か、(じゅうぶんな運動量があれば)軌道から弾き飛ばされる(やがて他の惑星か太陽に落ちる)。 落ちる速さと運動量がつりあえば、惑星の周りを回って衛星となる。 かくして、惑星軌道上には、一つの目立つ天体(惑星)と、その周りを回る一つまたは複数の天体(衛星)のほか、めぼしい天体はなくなってしまうのだ。

ついでに、矮惑星(dwarf planet)の定義も書いておこう。

  1. 太陽の周りを回っている
  2. 十分大きな質量を持つので、ほぼ球状である
  3. その軌道の近くで他の天体を掃き散らしていない
  4. 衛星でない

冥王星には他の天体を蹴散らすほどの迫力がない、ということかぁ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-25 (金) 23:31:01 (3955d)