さよならプルートゥ

国際天文学連合(IAU)の総会での採決の結果、冥王星は惑星ではない、ということになった。 正確に言うと、「水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星」の8個の天体を正式な惑星(classical planet)とし、冥王星・カロンその他の天体は矮惑星(dwarf planet)とする、ということらしい(アストロアーツなどによる)。

「さよならプルートゥ」 ……と言っても、冥王星がなくなるわけではない。 「惑星とは何か」という定義が変わり、冥王星がその定義に当てはまらなくなってしまった、というだけのことだ。 まぁ、どこかで線引きしなくてはならないとき、その線の引き方は時によって変わるものだ、とも言える。

新しい知見によって定義が変わる、仮説が見直される、ということは、科学では当たり前のことだ(というか、仮説を立てては検証して見直していくことが、科学的方法なのである)。 「神聖なる本に『冥王星は太陽系9番目の惑星である』と書いてあるから、誰が何と言おうが冥王星は惑星だ」 なんて言い張るのはカルトである。

さて、とりあえず冥王星は惑星ではないことになったが、いつかまた(くつがえ)って惑星に戻るかも知れない。 何しろまだ冥王星の近傍には探査機が到達していないし、冥王星の組成も明らかではないのだから。 ひょっとしたら、冥王星は今はなき第5惑星「ミネルヴァ」の残骸だった、なんてことになるかも知れないのだ……って、これはホーガンのSF、「ガニメアン」シリーズ?の中の話だけどね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-24 (木) 23:01:45 (4014d)