冥王星は惑星ではなくなってしまうのか

国際天文学連合で提案されていた、太陽系の惑星の新しい定義(日誌/2006-08-16参照)が却下されそうだ。 それどころか、冥王星は惑星ではなくなってしまうらしい。 まぁ、太陽系第9惑星「冥王星」は、以前から惑星の仲間にしてしまってよいのかと疑問視されていたのだ。 なにしろ、地球の月より小さい。 それに他の太陽系の惑星とは軌道面が異なっている上、太陽に近づいたときには海王星の軌道よりも内側に入ってしまうのである。 つまり、太陽からの平均距離で言えば

「水金地火木土天海冥」

の順になるが、冥王星が最も太陽に近づいているときには、

「水金地火木土天冥海」

となるのである。 というか、1979年から1999年まで、海王星が太陽系で最も外側の惑星だったのである。

こんなふうな軌道をたどるので、冥王星は他の惑星と同じ時期に生まれたのではなく、あとから太陽の引力にとらわれた天体ではないか、という仮説もある。 1978年に衛星(というか二重惑星の相棒?)カロンが発見されると、冥王星の地位はますます危うくなった。

そこで、冥王星を惑星の地位にとどめるために、定義を変えて、カロンもセレスも2003UB313も惑星にしてしまえ!  という意見が出されたのだろう(冥王星の発見者トンボーの母国アメリカ合衆国の希望、という説があるらしい)。

結局、「惑星とは何か」という定義、つまり「惑星」と「惑星でない天体」の線引きも、ある程度は人為的なものにならざるを得ないのだねぇ。

さてさて、太陽系の惑星が

「水金地火木土天海」

の8個で決まりだとすると、中学校の教科書も、占星術も、『セーラームーン』も、なかなか困ったことになっちゃうねぇ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-23 (水) 22:40:18 (3957d)