UPSのバッテリ膨張に苦労させられた。

先日、会社のサーバのUPS(無停電電源装置)のバッテリ交換の際、とても苦労した( ワシは社内ではUPSのバッテリ交換経験については一二を争う技術者なのである*1)。 それが1回ならまぁ許せるのだけれど、1ヶ月の間に3回も続くと、ちょっとうんざりする。 もちろん、一つのUPSが連続しておかしくなったのではなく、複数の部署にあるUPSのバッテリが次々と駄目になったのである。 ……サーバの数が多すぎるのかもねぇ。

普通、APC製のUPSのバッテリ交換はとても簡単である。

  1. バッテリが劣化し、UPS前面パネルのバッテリ交換LEDが点り、警告音が鳴る*2
  2. 交換用バッテリが到着。
  3. 普通は通電したままで交換できるので、プラスドライバを持って、業務時間中にユーザ部署に向かう。
  4. 床に置かれている場合が多いので、床に座り込んでまわりの段ボール箱などを除け、作業スペースを確保する。
  5. 前面のパネル(フロントカバー)を外す。 たいてい床に引っかかるので、UPSの手前側をちょいと持ち上げてやると、容易に外れる。
  6. 外したパネルには状態表示LEDや電源/テストボタンがあるので、本体からフラットケーブルが延びている。 だから、本体の上に載せるなどして避けておく必要がある。 ワシの場合、いっしょに出向いた助手に持っていてもらう。
  7. 金属製のバッテリドアが2本のネジで留められているので、プラスドライバ(マイナスドライバやコインでもOK)で外す。
  8. バッテリドアを手前に倒す。
  9. バッテリの下にプラスチックのシート(タブ)が付いているので、それを持ってバッテリを引っ張り出す。 このバッテリは自動車で使っていると同様の鉛蓄電池なので、とにかく重い。 半端な姿勢で持つと腰をやられるので注意が必要だ。
  10. バッテリの端子には、赤と黒の2本のケーブルがつながっているので、これを外す。
  11. 新しいバッテリを梱包から取り出し、代わりに古いバッテリを入れる。
  12. 新しいバッテリをバッテリドアの上に置き、ケーブルをつなぐ。 もちろんここでプラスとマイナスを間違えてしまうと大変だが、コネクタの形状が違うので間違えることはない。 また、コネクタをつなぐ瞬間、火花が飛ぶことがあるが、バッテリとUPS本体のコンデンサか何かとの間に電位差があるだけの話だから、気にしない。
  13. 新しいバッテリを押し込み、バッテリドアを閉じて、2本のネジを閉める。
  14. UPS本体の手前側を少し持ち上げ、前面パネルの下の溝と本体の出っ張りを合わせてから、前面パネルを閉じる。
  15. 電源ON/Test ボタンを押して、正常稼動を確認する。
  16. 古いバッテリを返送する。

……これだけである。簡単でしょ?

……ところが、ここ3回連続で、バッテリが膨張してUPSから出てこなくなる、という目にあっている。 サービスサポートを要請しちゃえばよいのかも知れないが、UPSをもう1台買えるくらいのサポート代がかかるのではないかと思って、つい何とかしてしまうのである*3

上記の交換手順の何番目かに、バッテリ下部のタブを持って引き出す、と書いたが、そのとき、タブが引きちぎれてしまうのである。 タブが経年劣化していることもあるが、原因はバッテリが膨張して、UPS本体内部の金属の骨組みに引っかかってしまったことだった。

しょうがないので、3件とも、UPSのカバーを外して基盤や骨組みを固定しているネジを緩め、バッテリの後ろにドライバを突っ込んで押し、なんとか引っ張り出すことに成功した。 その間、約30分から1時間。 もちろん、電源ケーブルを抜いてからでないと怖くて作業できないので、サーバの電源は落とさなくてはならない。 つまり、ユーザ部署の了承を得て、ユーザ部署がサーバを使わない時間帯に作業するのである。 ……というわけで、昼休みに作業する羽目になることもあるが、まぁ、情報システム部門というのはそういうところだ。

UPSのカバーを外すなどという、普通はやらない(というか、やってはいけない?)作業をしていると、いろいろ気付くことがある。

ありゃ、このタッピングビス、斜めにささっているじゃん

コネクタのハンダ付けがいいかげんで、外れちゃったじゃん

……等々。

スペースシャトルが堕ちるのも仕方ないかなぁ

バッテリが膨張してもとにかく取り出せるように、UPS内部を設計できないもんかなぁ

……なんて毒づきたくなることもある。

バッテリが膨張するのって、中で水素ガスが溜まっているのだろうから、運が悪いと爆発する事だってあるかも知れないしねぇ。

さて、APCのバッテリの定期交換についてによると、5〜25℃で 2.5年、30℃で 1.7年とのことである。 そういえば、バッテリ交換に苦労した UPS は、すべて空調の効いたマシン室ではなく、ホコリの多いオフィスにあったものだ。

とはいえ、いちいちすべてのサーバのUPSについて、何年何月に導入(または交換)されたものだから、次の交換時期は○月○日にしよう、などという計画を立てることは、事実上不可能だ。 それだからバッテリ交換LEDが付いているのだと思うが、バッテリ交換LEDが点灯したときにすでにバッテリが膨張しているとしたら、手遅れということだ。 いや、以前はもっと楽に(上述の手順どおりに)交換できていたのだから、バッテリ交換LEDが点灯するタイミングは、手遅れではないはずだ。

……そういやバッテリを発注してから届くまで1〜2ヶ月かかることがあるような話も聞いたなぁ。 バッテリ交換LEDが点灯してから、実際に交換するまでの待ち時間が長すぎることが、ワシが苦労する原因になっているのだろうか?


*1 なに、場数を踏んでいるだけのことだ。Smart-UPS 1400 のバッテリを小脇に抱えて三階まで階段を駆け上がり、ぎっくり腰が再発して後悔したこともある。
*2 ここでサポート要請の電話が入るので、交換用のバッテリを発注する。
*3 こういう気概を評価して、ボーナスもらえないかなぁ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-20 (日) 14:41:32 (4078d)