太陽系の惑星が12個になるかも。

国際天文学連合で太陽系の惑星の新しい定義が提案されたそうだ。 その定義とは、次の条件を満たすものである。

  1. 天体が自ら球状の形を維持できる重力を持つ*1
  2. 太陽のような構成を周回している天体で、恒星や、惑星の衛星ではない

ということで、これまでの9個から3個増えるわけだ。 これまでの9個を太陽に近いほうから並べると……

水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星

……これを縮めて「すいきんちかもくどってんかいめい」っていうのは、覚えやすかったんだけどねぇ。 もし12個になったら、高校入試の問題も変えなくっちゃだね。

あ! そうだ! 太陽系マルチメディア探検サイト「ザ・ナイン・プラネッツ(The Nine Planets)」も困ったことになっちゃうね。

それはさておき、追加される(かもしれない)天体は、次の3個である。

おや、衛星は含めないはずなのに、なぜカロンが? と思ったら、冥王星とカロンは二重惑星ということになるらしい。 地球と月は二重惑星ではないのだろうか*3

う〜ん、太陽に近いほうから並べると、こうなっちゃうね。

水星・金星・地球・火星・セレス・木星・土星・天王星・海王星・冥王星・カロン・2003UB313

むぅ。冥王星とカロンの順序が微妙だ。太陽からの平均距離は同じはずだよね。 それに、2003UB313じゃわかりにくいから「X」と呼ぼうか。発見されたとき、「太陽系10番目の惑星」と注目されたのだから(Xはローマ数字の10である)。

う〜むむむ。これを縮めると 「すいきんちかせもくどってんかいめいかろX

……覚えにくそうだねぇ。


*1 質量が月の1/150、直径は月の1/4の約800km
*2 ケレス。ローマ神話の豊穣の神。ギリシア神話のデメテル。ちなみに、ムスメたちが小さいときに一緒に見ていたアニメ『魔法騎士レイアース』で、巨大な人型ロボットが野太い声で「我が名はセレス」と宣言したときには、思わず噴き出しそうになった。セレスって、女神だよね?
*3 地球と月の場合、共通重心が地球の中にあるので、二重惑星ではない、という意見が大勢らしい

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-17 (木) 21:48:42 (3963d)