散歩中の発見

毎日朝晩、こんと散歩しているだけでも、いろいろな発見がある。

朝、こんは庭か、あるいは散歩の途上の畑の脇の草むらでオシッコをする。 庭でオシッコをしたとき、そのままにしておくと、芝が枯れてしまう。 オシッコは高濃度の有機窒素化合物の水溶液、つまり濃い肥料だから、その浸透圧のせいで芝が土の中の水分を吸収できなくなってしまうのだ。 だから、こんが庭でオシッコをしたら、そこに水をまいて薄めるようにしている。

一方、畑の脇の草むらでもしょっちゅうオシッコをしているのだが、そこの草は枯れることがない。こんだけじゃなくて他のウチのイヌもオシッコをするところなのにね。

……ということでよく見たところ、オヒシバ、エノコログサ、イヌビエ、カヤツリグサ類などであった。つまり、畑などで猛威を振るう雑草なのだ。 雑草は畑の作物同様、土の中の肥料分が多ければそれだけよく茂るように進化した植物なのだから、まぁ多少のイヌのオシッコでは枯れるはずもないのであった。

このところ毎夜、こんはいつもの散歩コースにある家のクルマの下を必ず覗いていく。 先週の中ごろ、そのクルマの下にネコが居て、にらみ合ったことを覚えているのだ。 先日、一ヶ月ぶりくらいに通った駐車場でも、以前ネコを追いかけたことを覚えていて、クルマの下を探し回る。 イヌはけっこうな記憶力を持っている。 その記憶力が災いするのかなぁ。 昼間の公園でビビッてしまうことだけは、何とかしてほしいものだ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-14 (月) 22:44:20 (3966d)