ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンのメス

上の写真がメス、下の写真がオス。 メスのほうが派手で、「ツマグロ」の名前の由来になっている。

ツマグロヒョウモンのオス

幼虫

ツマグロヒョウモンの幼虫

食草はスミレ科の植物。 庭ではパンジーに付いているところをよく見る。

前蛹(ぜんよう)

ツマグロヒョウモンの前蛹

(2007年6月21日、沼津市)

玄関先でツマグロヒョウモンの前蛹(ぜんよう)を見つけた。

幼虫の姿のまま、逆さまにぶら下がってじっとしていた。

(さなぎ)

ツマグロヒョウモンの蛹

(2007年6月22日、沼津市)

前蛹を見つけた翌日、(さなぎ)になっていた。

背中のトゲが透明でキラキラ光っているのが印象的だ。

玄関先の花壇とツマグロヒョウモンの蛹(赤い円内)

玄関先の花壇のパンジーを残しておいたので、そこで育ったツマグロヒョウモンの幼虫が、玄関脇の壁(写真の赤い円内)に蛹を作ったのだ。 残念ながら、25日の朝に気付いたとき、蛹がなくなっていた。 6月24日の雨風に飛ばされたのか、捕食者に捕られたのか、それは判らない。

成虫

2005年9月9日、静岡県沼津市

拡大

9月、ウチの庭にやってきて、エノキの葉の上で休んでいるメスの成虫。 「ツマグロ」は羽の表側の先が黒いから、というのはすぐにわかるが、どこが「ヒョウモン」なのか?

2005年9月9日、静岡県沼津市

拡大

この通り、羽の裏側が「豹紋(ひょうもん)」なのである。

ちなみに、ヒョウモンチョウの類を含めたタテハチョウの仲間は、前肢が退化していて四本肢に見える。

参考

元祖【科学的逍遙

ブログ【科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-24 (土) 23:51:22 (3160d)