RV車は死角が大きいか?

車高が高く、車体の大きなRV車(レジャー・ビークル)は死角、つまり運転席から視認できない範囲が大きいと言われている。 それは本当だろうか?

実験方法

  1. 同じ駐車場にRV車(トヨタ・ランドクルーザー・プラド)と軽自動車(スズキ・ケイ)をとめた。
  2. 運転席から写真を撮り、駐車場の区画がどこまで見えるか確認した。
  3. 駐車場にとめている車を隣接するビルの9階から写真に撮った。
  4. それらの写真をトレースし、車体で見えない範囲と、バックミラーで見える範囲を図にした。

結果と考察

RV車と軽自動車の死角

確かにRV車のほうが、車体で見えない範囲は大きい(濃いグレーの部分)。 しかし、バックミラーやリア・アンダーミラーによって間接的に確認できる範囲もけっこうある(淡いグレーの部分)。

とくに、前方と左側方を見る「補助確認装置」の効果が大きいようだ。

補助確認装置

その一方、軽自動車も思ったより死角が広い。 発進時や後退するときなどには、慎重に運転する必要があるなぁ、と感じた。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-24 (日) 18:39:31 (3854d)