風景写真をミニチュアみたいにする

三島駅北口の風景

拡大

上の写真は、ミニチュア模型ではない。 東海道新幹線三島駅北口のロータリーを近くのビルから撮り、Photoshopを使って加工したものだ。

普通、デジタルカメラで写真を撮ると次のような具合になる。 何となく青っぽい、しまりのない画像だ。

元画像を縮小しただけの写真

そこで、露出補正や色調補正を行って、次のような画像にしてから Web ページに掲載する。

露出と色調を補正したもの

これだと、ミニチュアに見えない。 では、ミニチュアのような写真にするにはどうすればよいのか?

ポイントは二つある。

  1. 色鮮やかにする。
  2. 一部だけがハッキリしていて、他はボケるようにする。

色鮮やかにすると、オモチャっぽくなる。 具体的には、Photoshop などの画像処理ツールで色相を少し(10〜20くらい)赤のほうにずらし、彩度を上げる(30くらい)。

ハッキリ見せたい部分以外をぼかすと、ミニチュアを撮影したようになる。 これには、範囲選択ツールと、境界線をぼかすコマンド、そしてPhotoshopフィルタのガウスぼかし(2pxくらい)を使う。

もう少し細かく補正する方法もあるだろうが、面倒くさいのでこの程度の加工でも、次のような写真が出来上がる。

三島駅を通過する貨物列車

拡大

補足

写真用語で、ピントが合う範囲を「被写界深度」という。 一部だけにピントが合っていて、ほかの部分がピンボケの写真は、被写界深度を浅くして撮る。 望遠レンズやマクロレンズ(接写レンズ)を使って「近くにある被写体」を撮ると、より手前の物体や背景がボケる。 また、絞りを開くと被写界深度が浅くなるが、これはレンズの開放値の制限を受ける。

一方、広角レンズを使ったり、露出を絞って焦点を無限遠に合わせて遠くの風景を撮ったりすると、被写界深度が深くてどこにもピントが合った写真となる。

実際の風景が無限遠にピントを合わせた被写界深度の深い写真であるのに対して、近くにある模型を撮影したミニチュア写真は、被写界深度の浅い写真となる。 そして多くの人は、ミニチュア写真を何度も見て、そういうものだと認識していると思われる。

そこで、被写界深度の浅い風景写真を見ると、ミニチュアだろうと思ってしまうのだろう。

なお、被写界深度を浅くするには、チルトレンズという、光軸をずらすことのできるレンズを使って撮影するのが一般的なようである。 ここでは、チルトレンズを使わずに、普通に撮影した写真を後から加工することで、擬似的に被写界深度が浅いかのような写真にした。 いわば二重に誤魔化しているのである。

↓ミニチュア写真(江戸東京博物館にて)

江戸東京博物館にて、日本橋のミニチュア

↓擬似ミニチュア写真(深川江戸資料館にて)

深川江戸資料館にて、復元された長屋を見学するおばさんたちを擬似ミニチュア化

上から見下ろす(鳥瞰(ちょうかん)する)というのも、「ミニチュアを見ている」という心理が起きやすい要因かも。

参考

東北大学/大学院情報科学研究科/システム情報科学専攻


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-28 (日) 23:06:00 (3677d)