頭骨を比較する

タヌキの頭骨は、じつは「顔骨」では?

タヌキの頭骨の「頭」と「顔」

こんを見ていて気付いたのだが、イヌの「頭」はじつは小さい。 昼寝しているときに腕に頭を載せてきたりすると、けっこう重い。 重いのだが、その重さは「頭」ではなくて、じつは「顔」ではないのか?

というわけで頭骨を調べてみた。 もちろんこんの頭骨ではなく、むかし山で拾ったタヌキの頭骨である*1。 タヌキも食肉目イヌ科だからね。

たしかに、脳を格納している「頭」よりも目や鼻や口の部分、つまり「顔」のほうが大きい。 つまり、イヌやタヌキについては、「頭骨」というより「顔骨」と言ったほうが適切かも知れない。

ではヒトはどうかというと、こんな具合である。

ヒトの頭骨の「頭」と「顔」

ヒトの場合も、前から見ると「顔」が大部分を占めるようだが、後ろはほとんど「頭」である。 まぁ、「頭骨」と言っても良いかもしれない。

ちなみに、この頭骨の図のモデルはワシである。 もちろん、自分の頭骨はX線写真でしか見たことがないので、想像図である。 以前、地球とケンカして右前歯を上顎骨ごと失った*2ので、それを図示してみた*3

右前歯部分が欠損したワシの頭骨の想像図

ヒトの脳が発達した理由

なぜ、イヌに比べてヒトの頭の比率は大きいのか?

もちろん、ヒトのほうが脳が大きいからである。 ではなぜ、ヒトはイヌに比べ、脳を大きくすることができたのか?

ヒトの頭骨で側頭筋がつく部分

上の図は、ヒトの頭骨で側頭筋がつく部分を示したものである。 側頭部に指を当てて、顎を動かしてみてほしい。 顎を動かす側頭筋がどこまであるか、自分の頭で確認できる。 動く部分が、「こめかみ」つまり「米噛み」である。

タヌキの頭骨で側頭筋がつく部分

では、タヌキの頭骨で側頭筋がつく部分はどこかというと、上の写真のように、側頭部全体である。 側頭部の骨の表面がざらざらしているように見えるのは、筋肉が付きやすいようになっているからである。 実際、こんが硬いものを食べている様子を観察すると、おでこの縦皺の部分まで動いている。 次の写真では、こんは鏡餅の容器に噛み付いていて、このとき頭のテッペンまで筋肉が動くのがわかった(こん/正月より)。

鏡餅の容器に噛み付くこん

つまり、頭のテッペンまで「こめかみ」なのである。 イヌは(タヌキも)頭の部分が側頭筋で囲まれていて、強い力で咬める(噛める)代わりに、脳の発達を阻害しているのである。

それに対してヒトは、加熱したり裂いたり切ったり潰したりして、噛む力が弱くても大丈夫なので、側頭筋が頭を覆うこともなく、脳が発達できた。 いや、脳が発達できたから、火を使ったり道具を作ったりできたのか?

おそらく、手と脳の共同作業の結果だろう。 ヒトの祖先が二足歩行するようになって手が自由になり、道具を作ることができるようになったのが最初だろう。 道具や火を用いて調理できるようになると、噛む力は弱くても大丈夫になる。 そして脳が発達し、さらに調理法も進歩して食物は軟らかくなる。 ……というように想像してみたのだが、現実のヒトの進化の過程では、どんな順序だったのだろうね。


*1 この頭骨を拾った経緯については、山/出会ってビックリ/死体参照。
*2 科学的逍遙日誌2008年8月の記述参照。
*3 図では右切歯のみ欠けているように示したが、実際には差し歯ににするため+5本削っているのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-05 (火) 23:55:46 (3873d)