朝イチ富士山の記録と二十四節季

2008年、2009年、2014年の二十四節季

朝イチの富士山の見え方を考えるとき、月ごとでは「粗い」ように思った。 そこで、二十四節季を基準にしたらどうかと考えたのだが、どの日付で切れば良いだろう?

……というわけで、前4日、後10日くらいでどうだろう、と表を作ってみた。

2008年2009年2014年期間始期間終
小寒1月6日1月5日1月5日1月1日1月15日
大寒1月21日1月20日1月20日1月16日1月30日
立春2月4日2月4日2月4日1月31日2月14日
雨水2月19日2月18日2月19日2月15日2月28日
啓蟄3月5日3月5日3月6日3月1日3月15日
春分3月20日3月20日3月21日3月16日3月31日
清明4月4日4月5日4月5日4月1日4月15日
穀雨4月20日4月20日4月20日4月16日4月30日
立夏5月5日5月5日5月5日5月1日5月16日
小満5月21日5月21日5月21日5月17日5月31日
芒種6月5日6月5日6月6日6月1日6月16日
夏至6月21日6月21日6月21日6月17日7月2日
小暑7月7日7月7日7月7日7月3日7月18日
大暑7月22日7月23日7月23日7月19日8月2日
立秋8月7日8月7日8月7日8月3日8月18日
処暑8月23日8月23日8月23日8月19日9月2日
白露9月7日9月7日9月8日9月3日9月18日
秋分9月23日9月23日9月23日9月19日10月3日
寒露10月8日10月8日10月8日10月4日10月18日
霜降10月23日10月23日10月23日10月19日11月2日
立冬11月7日11月7日11月7日11月3日11月17日
小雪11月22日11月22日11月22日11月18日12月2日
大雪12月7日12月7日12月7日12月3日12月17日
冬至12月21日12月22日12月22日12月18日12月31日

二十四節季と富士山遠望率

2008年2009年2014年
小寒60%67%53%
大寒47%60%60%
立春73%47%27%
雨水93%36%50%
啓蟄67%53%33%
春分50%50%
清明60%73%
穀雨40%60%
立夏38%50%
小満33%60%
芒種31%19%
夏至0%25%
小暑19%31%
大暑0%7%
立秋25%31%
処暑53%27%
白露44%69%
秋分40%40%
寒露73%47%
霜降60%67%
立冬80%73%
小雪73%53%
大雪67%47%
冬至86%64%

うーむ、やはり年によって変動があるなぁ。 傾向としては、秋から冬にかけてのほうが春から夏にかけてよりも朝イチに富士山を見ることができる、と言えるだろう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-26 (水) 22:55:27 (2087d)