携帯で顕微鏡写真を撮る方法

デジタル一眼レフのマクロ撮影の限界

マクロ撮影したイネの果実

愛用しているデジタル一眼レフカメラ、OLYMPUS E-20 に「マクロエクステンションレンズプロ」を装着して撮影した場合、上の写真程度である。 この写真は、実寸ではなく、トリミングしたものだが、トリミングしてもこの程度が限界である。

そこで、双眼実体顕微鏡を使って写真を撮ることを考えた。

ニコン「ファーブルミニ」

野外にも携帯できるように、ずいぶん前にニコンのファーブルミニを買って、身近な生物などを観察している。 窓際など、直射日光の当たらない、明るい場所にファーブルミニを置き、観察材料を肉眼で見えるようにしておく。

窓際のファーブルミニ

この接眼レンズに、携帯電話のカメラのレンズが合うように置く。

ファーブルミニに携帯電話を置く

携帯電話のカメラのレンズは、このように小さいので、都合が良いのだ。 位置合わせは、携帯電話の液晶画面を見ながら行う。

携帯電話のカメラのレンズ

取れた写真はこんな具合。

ファーブルミニ+携帯電話で撮影したイネの果実

まぁ、画像の滑らかさなどはイマイチだが、ある程度、詳細な構造は見て取れる。 芸術作品ではなく、説明用の写真として使うなら、こんなもので充分だろう。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-16 (月) 17:44:07 (4783d)