ネコ対策

花壇に糞をされたりゴミバケツに尿を掛けられたりウッドデッキの下に潜まれたり……と、一時期ネコに悩まされた。 ウッドデッキの下に猫が侵入したことに気付いたのは、血痕と抜け毛だった。

たぶん、ケンカして怪我してウチのウッドデッキの下に逃げ込んだのであろう。死んで腐っていなかっただけ、まぁよかったといえば、よかったが。

とにかく野良猫は憎たらしくもあり、哀れでもある。野良猫に餌をやることが愛情だと勘違いしている無責任な馬鹿(失礼!)の気が知れん。餌をやるなら、糞や死体の面倒も見ろよ、と言いたい。死ぬまで面倒を見る覚悟を持つことが、愛情なのだ。(科学的逍遙日誌久々に庭に出てみると……」より)

とか言いつつ、過去4年ほどネコ対策をいろいろ試してきた。 その対策の数々と、結果をまとめておこう。

化学的方法

物理的方法

キャットストップにサナギを作ったナミアゲハ

↑ナミアゲハのサナギがくっついているのがウッドデッキの下のキャットストップ。スパイクの大きさがよくわかる……かなぁ?

生物学的方法

いま、ネコにあまり悩まされていないのは……

やはり、こんを飼っているからだろうか?  常に庭に居るわけではないし、決してネコに勝てるような強いイヌではないのだが。

それに、こんが脱走しないようにラティスフェンスで庭を囲ったので、多少はネコが侵入しにくくなったのかも知れない。 もちろん、高さ1mのフェンスなど、ネコにとっては物理的障壁にはなりえないが、心理的な障壁にはなるかもしれない。

そのフェンスの中に、ネコを見ると興奮するイヌが居るとなれば、なおさらだろう。

完成直後のラティスフェンス

参考

こん、気合ではネコに負けてるよ
20070908やっぱり気迫でネコに負けてるよ

拡大

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-13 (水) 23:14:51 (3843d)