なぜハート型はカワイイのか?

こんにハート型が!

拡大

ある日、こんの毛皮にハート型の模様が!  ……というのは冗談である。 上の写真は、普通に撮ったこんの写真に、白いハート型を重ねたものだ*1

なぜ、ハート型の模様の付いた動物を、カワイイとか恋愛運の守り神(だかなんだか)とか言うのだろう?  また、なぜ女性はハート型の小物やハート模様の服が好きなのだろう?

ハートは「心臓」か?

ハート型は心臓の形が元になっている(らしい)。 では、ハート型ではなく心臓の形の模様を付けてみたらどうだろう?

こんに心臓型が!

拡大

……全然可愛くないね。 むしろ不気味*2

ハートは心臓を極度にデフォルメし図案化したものであるが、もはや心臓をイメージするものではないのだろうか?

ドキドキとカワイイの関連

中学の社会(歴史)の教科書に載っているフランシスコ・ザビエルの肖像画には、ハート型の心臓が描かれている。 信仰の篤さ、つまり神への愛を「燃える心臓」で表したものらしい。

ワシには一神教の信仰というものがよく解らないが、神が対象であっても「愛」は心臓がドキドキするものなのだろうか。

恋愛感情を抱いたときに、「胸がきゅん」となったり、ドキドキしたりするのは誰しも経験のあることだろう。 これは感情が高ぶり、交感神経が興奮し、その刺激によって心臓の鼓動が早くなったためだ。 そのため、古くから「心」の座は脳ではなく心臓だと考えられてきた。

「恋する→心臓がドキドキする」という関係を勘違いして、「ドキドキする→恋しているから?」と(無意識のうちに)思ってしまう、ということがあるらしい。 「プロポーズするなら吊り橋の上とか観覧車のテッペンとか、そういうドキドキするところが良い」というのは、そのような心理を利用している。

そんなわけで、「ドキドキ→恋」から「ハート型→カワイイ」という連想になるのだろうか。

心臓をデフォルメするとハート型になる理由

心室の部分が尖っているから……かな。 図を描いたほうが良いかなぁ。

待てよ、ということは、実際に心臓を見る機会があった人が、ハート型をデザインしたわけだよね。 医学的な解剖によるものか、刑罰によるものか……。

ハート型でない心臓

皮膚が透明なカエルがいるそうだ。 解剖せず生きたまま、しかもまったくカエルに苦痛を与えずに心臓の動きなどが観察できるので、教材として注目されている。

メダカなどでも心臓の動きを観察できるが、小さくて見にくい。

じつは、アゲハの幼虫などのイモムシなら、心臓の動きを簡単に観察できる。

ナミアゲハの幼虫。矢印の先の白い筋が心臓

拡大

上の写真で、矢印の先の白い筋が心臓である。 昆虫の心臓は腹側ではなく、背側にあるのだ。

実際に観察するとわかるが、尾のほうから頭へと、順に収縮して血液を送っている。

もちろん、昆虫の心臓はハート型ではない。 太い管の途中に何個も弁が付いたような形をしている。 弁で仕切られた管が、セキツイ動物の心臓の心室に相当するわけだ。 全体としてみれば、昆虫の心臓の形は管状、または棒状である。

昆虫にとってカワイイ模様は、ハート型ではなくて棒状……だったりして。

参考


*1 Adobe Photoshop で描画モード:ハードライト、不透明度:66%で重ねたもの。
*2 黒い背景に白いブラシでヒトの心臓の絵を描いて、描画モード:スクリーン、不透明度:56%で重ねた。本当はイヌの心臓のほうがリアルだけど、参考になるような図がなかったのだ。そもそもイヌの心臓って、ハート型なのか?

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-05 (日) 23:58:27 (4085d)