クイズ/花の色を予想するには?

解答と解説

茎を見て、赤みを帯びていれば赤い花が咲く。 茎が赤みを帯びていなければ(緑色なら)、白い花が咲く。

赤花のユウゲショウの茎は赤く、白花のユウゲショウの茎は赤くない

拡大

上の写真の矢印で示した部分を比べてみると、違いがよく判る。 奥(上)の茎が赤みを帯びているのに対して、手前(下)の茎は赤みを帯びていない。 おそらく、花で赤い色素を作る能力があるユウゲショウは、茎の表面の細胞でも赤い色素を作るのだろう。 赤い色素を作る能力のないユウゲショウは、白花になるわけである。

もちろん、赤い花の咲く植物の茎が例外なく赤みを帯びているわけではない。 実際にいろいろな「色違いの花」の茎の色を見てみよう。

たとえばダイズは、双葉(子葉)が開いたときに、花の色が予想できる。

赤みを帯びた花の咲くダイズの胚軸は赤みを帯びている

拡大

上の写真では、地表から子葉までの部分*1が赤みを帯びて紫色っぽく見える。 このような場合、花の色は赤紫色のはずだ。

……というわけで、花を確認すると……。

う〜ん。白っぽいけど、花びらに赤紫色の筋が入っている。 白花の品種のダイズの場合、本当に真っ白だから、やっぱり「赤みを帯びた花の咲くダイズの胚軸は赤みを帯びている」と言ってよいだろう。

赤みを帯びたダイズの花

*1 植物学では胚軸(はいじく)と呼ぶ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-17 (土) 22:33:58 (4175d)