カリブー

caribou(トナカイ)

デナリ国立公園のカリブー

アラスカ・デナリ国立公園でシャトルバスから見たカリブー

アラスカ/デナリ国立公園内を往復するシャトルバスから、路傍で採食するカリブーを見た。 この季節、大部分のカリブーは北へ移動してしまっているので、デナリ国立公園内に居るのは残留組である。

デナリ国立公園のパークロードを歩くカリブー

パークロードを歩くカリブーを見つけた。 カメラを向けても平然と歩いている。 カリブーをシカのようなものだと思ってはいけない。 少なくとも、その大きさはシカではなく、ウマである。

単独で餌を食むカリブー

地衣類とツツジ科の低木からなるツンドラで餌を食むカリブー。 カリブーはトナカイゴケと呼ばれる地衣類を好んで食べるそうだ。

単独で餌を食むカリブー

ツンドラを歩いているとき、遠くで休息するカリブーの小さな群れを見かけた。 このツンドラを大河が流れるように移動していくカリブーを見たければ、冬に訪れるしかないだろう。

カリブーの頭骨

アラスカ・デナリ国立公園で見つけたカリブーの頭骨

デナリ国立公園のツンドラを散策しているとき、カリブーの頭骨を見つけた。 詳細は、山/出会ってビックリ/死体を参照のこと。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-15 (日) 22:07:52 (4533d)