ヤナギラン

ONAGRACEAE/EVENING PRIMROSE FAMILY/アカバナ科

学名
Epilobium(Chamaenerion) angustifolium
英名
Tall Fireweed
和名
ヤナギラン

「火の草」

伐採地に咲くヤナギラン スワードの海岸近くの荒地に咲くヤナギラン

ヤナギランは伐採地や山火事の跡などにいち早く侵入し、花を咲かせる「パイオニア・プラント」である。

アンカレッジ国際空港に着陸するとき、飛行機の窓から滑走路の周囲がピンク色に染まっているのが見えたが、それもヤナギランの群落であった。

ヤナギランは日本の山野でもよく見かける。 秋には長い綿毛を持つ種子をつくる。 この綿毛で風に舞い、明るく開けた地に到着した種子が、また群落を作るのである。

デナリ国立公園では、近縁種の Dwarf Fireweed を見た。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-10 (水) 22:35:14 (4446d)