夏の夜

2007年8月、こんは夜の散歩ができなくなってしまった。 夕食後、散歩に誘うと、ひっくり返って腹を出し「降参」してしまうのである。

近所の公園で花火大会はあるわ、花火大会がなくても中学生がロケット花火を飛ばしているわ、しょっちゅう雷が鳴るわで、おちおちオシッコもしていられないらしい*1

雷と言えば、8月19日の深夜、というか20日に日付が変わった頃から、猛烈な雷雨となった。 ウトウトしていたのに飛び起きるほどで、こんはおびえて家中を歩き回っていた。

ワシのふとんに上がり込んだり、コートハンガーの下に潜り込んだり……。 挙句の果てには、何を思ったか階下に下り、近所に落ちた*2雷の轟音にすくんで台所で腰を抜かしていた。 土曜からぎっくり腰で苦しんでいるワシが抱き上げて2階に運ぶ羽目になった。

雷雲が去ってからもしばらくの間、こんはカミさんのふとんで丸くなり、ぶるぶる震えているのをカミさんがなだめる格好になった。

まだしばらくの間、夕立……というか夜間の雷には悩まされそうである。 天気予報を見ながら、カミさんがこう呟いた。

「イヌを飼うって、こういうことだったのね」


*1 こん/怖いもの」参照
*2 ……と思われる。実際にどこに落ちたかは不明。高圧線の鉄塔など、避雷針のある建造物がけっこうあるので、事故にはならないらしく、報道されないので判らないのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-21 (火) 21:50:36 (4131d)