オオカミがイヌになったわけ

休日、室内やウッドデッキなどでボーッとしていると、こんに撫でろと迫られる。 ワシの横に座り、片方の前足を上げて招き猫のように振るのだ。

撫でてと前足を上げる

拡大

こんが起きていて、食事や散歩などの活動をしていないとき、かなりの時間、撫でたり掻いたりしているような気がする。 午後の傾きかけた日差しの中で、耳の後ろを掻けと言う(言葉で言うわけではないが、掻いてほしいところを差し出すのだ)こんの頭を掻いたりさすったりしながら、こんなことを考えた。

イヌ(カニス・ルプス・ファミリアリス)の祖先は、オオカミ(カニス・ルプス)である。 というか、家畜化されたオオカミがイヌなのだ。 オオカミは変異しやすい遺伝子を持っているため、多様なイヌの品種が生まれたのだそうだ。 そのイヌのうち、オオカミに近い形質のもの(ハスキーなど)は、現在でもオオカミとの雑種をつくることができる。

オオカミがどのようにしてイヌという家畜になったのか、その過程は不明である。 なにしろ数万年前のことだからね。 動物行動学者コンラート・ローレンツは『人イヌにあう』(早川書房)の中で、移動するヒトの群れについて歩くオオカミの群れや、オオカミの子を育てるヒトの子を想像している。

なぜ、オオカミはヒトに近づいたのか?

ヒトの狩りに協力することで、ヒトからおこぼれをもらうことができたから、といった理由もあっただろう。 ひょっとして、病気で弱っているときとか、幼いときなどに、ヒトに撫でられる、という経験をした個体が、そのときの快感を忘れられず、また撫でて欲しくてヒトについて回った、なんてことはないだろうか。

つまり、オオカミはヒトに撫でて欲しくてイヌになった、とする仮説である。 もちろんこれはワシの思い付きであり、検証不能だろうが、こんがしょっちゅう撫でてと寄ってくるのをみると、そんなこともあったのではないかと思ってしまうのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-16 (日) 20:56:21 (3132d)